[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

球速161kmで横43cm移動 映像編集を疑う声も出た変化球に米衝撃「これはヤバすぎる」

米大リーグでドジャースの23歳右腕が投じた高速変化球が注目を集めている。24日(日本時間25日)のナショナルズ戦。8回に登場したブラスダー・グラテオル投手は100マイル(約160.9キロ)のシンカーで三振を奪った。米ファンからは「速度上げるか編集してないの?」「何だこりゃ」と仰天の声が上がっている。

ドジャースのブラスダー・グラテオル【写真:ロイター】
ドジャースのブラスダー・グラテオル【写真:ロイター】

打者ガックリの変化球に米投球分析家も注目

 米大リーグでドジャースの23歳右腕が投じた高速変化球が注目を集めている。24日(日本時間25日)のナショナルズ戦。8回に登場したブラスダー・グラテオル投手は100マイル(約160.9キロ)のシンカーで三振を奪った。米ファンからは「速度上げるか編集してないの?」「何だこりゃ」と仰天の声が上がっている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 打者の手が出なかった。ドジャースが9-4とリードして迎えた8回。この回から登板したグラテオルは2死走者なしで右打席にレーン・トーマスを迎えた。2-2と追い込んだ5球目。力を込めて投じられた100マイルの速球はプレート手前で急激に変化。外角から鋭く曲がってストライクゾーン真ん中に収まり見逃し三振。これにはトーマスも、頭を垂れてベンチに戻るしかなかった。

 MLB公式サイトはシンカーと表示。実際の動画を米投球分析家ロブ・フリードマン氏が自身の公式ツイッターで公開し、この1球を「馬鹿げてる」と評し、「17インチ(約43センチ)の変化」と説明した。米ファンからは「マジかよ」「何だこりゃ」「これはヤバすぎる」「クレイジーだよ」「打者はどうしろっていうんだ?」とコメントが寄せられ、あまりの球速と変化に「編集してるように見えるぞ」「速度上げるか編集してないの?」と映像編集を疑う声もあった。

 グラテオルはベネズエラ出身、23歳の速球派右腕。20年2月に前田健太投手とのトレードでツインズからドジャースに加入し、新天地3年目を迎えた今季もすでに17試合に登板している。この日は9回もマウンドに上がり、2イニングを1安打無失点1奪三振の力投で9-4の勝利に貢献した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集