[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プホルス登板の米実況席でも話題になる「オオタニ」の存在感「彼よりHRを放っている」

米大リーグ・カージナルスの大打者アルバート・プホルス内野手が、15日(日本時間16日)のジャイアンツ戦で、9回に投手として登板した。通算2988試合目で初登板。2本塁打を浴びるなど1回3安打4失点だったが、15-6で勝利した試合を締め、歓声を浴びた。驚きのシーンを中継していた米スポーツ専門局「ESPN」の実況席では、エンゼルス・大谷翔平投手に関しても話題になっていた。

1イニングを4失点で投げ終えたアルバート・プホルス【写真:Getty Images】
1イニングを4失点で投げ終えたアルバート・プホルス【写真:Getty Images】

プホルスが2988試合目で初登板、米実況席で「オオタニ」の名前も

 米大リーグ・カージナルスの大打者アルバート・プホルス内野手が、15日(日本時間16日)のジャイアンツ戦で、9回に投手として登板した。通算2988試合目で初登板。2本塁打を浴びるなど1回3安打4失点だったが、15-6で勝利した試合を締め、歓声を浴びた。驚きのシーンを中継していた米スポーツ専門局「ESPN」の実況席では、エンゼルス・大谷翔平投手に関しても話題になっていた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 誰もが驚く「投手・プホルス」が実現した。カージナルス13点リードの9回、マウンドに立った42歳は、緩いボールをストライクゾーンに目掛けて投げ続けた。2被弾で4失点したものの、最後の打者ウェードを47マイル(約75.6キロ)のスローボールで内野ゴロに打ち取りゲームセット。全27球を投げ終え、味方とタッチで称え合った。

 通算681本塁打の偉大な男も、MLBのマウンドは初めての経験だった。米ESPNの中継では、実況のカール・ラベック氏と解説員エドゥアルド・ペレス氏がこの模様を伝えていた。11球目に投げたボールに関しては「いまの球は落ちましたね。“重力”と呼ばれるものです。重力と仲良くやっています」と新球種を“命名”するなどしていたが、話題は大谷にも及んだ。

「マウンドに上がる打者と言えばオオタニですが、その彼よりたくさんの本塁打をプホルスは打っています」と、プホルスの打者としてのキャリアが優れていることを伝えた。この試合では、ジャイアンツのルイス・ゴンザレス外野手もピッチャーとして登板。9回にはプホルスから3ランを放ったことで「ゴンザレスは今季マウンドに上がって、本塁打も放った選手としてオオタニの仲間入りをしました」と異例の記録であることを伝えていた。

 プホルスが投手として脚光を浴びた試合。こうした試合で必ずと言っていいほど触れられる大谷もまた、特別なプレーヤーであると言える。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集