[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

衝撃の「投手プホルス」が実現した舞台裏 本人が告白「じゃあ俺が投げるよ!って…」

米大リーグ・カージナルスの大打者アルバート・プホルス内野手が、15日(日本時間16日)のジャイアンツ戦で、9回に投手として登板した。通算2988試合目で初登板。2本塁打を浴びるなど1回3安打4失点だったが、15-6で勝利した試合を締め、歓声を浴びた。試合後のプホルスは「じゃあ俺がやるよ!って感じで受けた」と“立候補”してマウンドに上ったようだ。米メディアが報じている。

9回を投げ切り、笑顔を見せるアルバート・プホルス(右)【写真:AP】
9回を投げ切り、笑顔を見せるアルバート・プホルス(右)【写真:AP】

ジャイアンツ戦、13点リードの9回に登板

 米大リーグ・カージナルスの大打者アルバート・プホルス内野手が、15日(日本時間16日)のジャイアンツ戦で、9回に投手として登板した。通算2988試合目で初登板。2本塁打を浴びるなど1回3安打4失点だったが、15-6で勝利した試合を締め、歓声を浴びた。試合後のプホルスは「じゃあ俺がやるよ!って感じで受けた」と“立候補”してマウンドに上ったようだ。米メディアが報じている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 通算681本塁打の偉大なる42歳が、13点リードの9回にマウンドに立った。最初の打者に四球を与えるも、続くスレーターはセンターライナーに打ち取る。2死一、三塁からゴンザレスに3ラン、続くバートにもソロを浴びたが、最後はウェードを47マイル(約75.6キロ)のスローボールで内野ゴロに打ち取り、ゲームセット。全27球を投げ終え、味方とタッチで称え合った。

 大量点差が付いた試合で野手が登板することはMLBでは珍しくないが、勝っている展開、しかも指名打者として出場していたプホルスの登板とあり、米国でも大きな話題となった。米ミズーリ州セントルイスの地元放送局「KSDK」は、試合後のプホルスのコメントを記事でこう伝えている。

「(首脳陣が)投手を誰にしようか探していたから、『じゃあ俺がやるよ!』って感じで受けた。夢が叶ったよ。今なら楽しかったと言える。本塁打を2本許してしまったけど、ファンは楽しめたと思う。俺から打った選手たちも楽しめたんじゃないかな」

 プホルスはこの試合が通算2988試合目。打者としても3打数2安打1打点2四球と活躍したが、それ以上に投手として脚光を浴びた一戦だった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集