[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大打者プホルス、なんと通算2988戦目で初登板! 4失点も米仰天「ショウヘイ以上だ!」

米大リーグ・カージナルスの大打者アルバート・プホルス内野手が、15日(日本時間16日)のジャイアンツ戦で、9回に投手として登板した。通算2988試合目で初登板。2本塁打を浴びるなど1回3安打4失点だったが、驚いたツイッター上の米ファンからは「信じられない」「オオタニとトレードだ」「これは本当に起きたこと?」などと続々とコメントが集まっていた。

4番手としてマウンドに上がったアルバート・プホルス【写真:Getty Images】
4番手としてマウンドに上がったアルバート・プホルス【写真:Getty Images】

ジャイアンツ戦、13点リードの9回に登板

 米大リーグ・カージナルスの大打者アルバート・プホルス内野手が、15日(日本時間16日)のジャイアンツ戦で、9回に投手として登板した。通算2988試合目で初登板。2本塁打を浴びるなど1回3安打4失点だったが、驚いたツイッター上の米ファンからは「信じられない」「オオタニとトレードだ」「これは本当に起きたこと?」などと続々とコメントが集まっていた。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 通算681本塁打を誇る大打者プホルスが、まさかのマウンドに上がった。指名打者として出場していたが、15-2と13点リードの9回から登板。最初の打者に四球を与えるも、続くスレーターはセンターライナーに打ち取った。2死一、三塁からゴンザレスに3ラン、続くバートにもソロを浴びたが、最後はウェードを47マイル(約75.6キロ)のスローボールで内野ゴロに打ち取り、ゲームを締めた。

 大量点差が付いた試合で野手が登板することはMLBでは珍しくないが、勝っている展開、しかも大打者プホルスが登板したとあり、ツイッター上の米ファンも驚いた様子。「大爆笑」「歴史が作られた」「オオタニとトレードだ」「これは本当に起きたこと?」「信じられない」「アルバートはショウヘイ以上」「シンプルに驚き」などと反響が集まっていた。

 プホルスはこの試合が通算2988試合目。打者としても3打数2安打1打点2四球と活躍した。42歳の大ベテランに、本拠地の観客からは惜しみない歓声が注がれていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集