[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「オフは大袈裟に」スイング改造 9季連続シードの33歳、菊地絵理香が光らせた調整力

女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディースが13日、福岡CC和白C(6299ヤード、パー72)で開幕した。降雨によるコースコンディション不良のため約40分中断。ツアー通算4勝の33歳・菊地絵理香(フリー)は7バーディー、1ボギーの66で回り、6アンダーで鈴木愛、小祝さくら、仲宗根澄香と並ぶ首位発進を決めた。

ほけんの窓口レディース、6アンダーで首位発進を決めた菊地絵理香【写真:Getty Images】
ほけんの窓口レディース、6アンダーで首位発進を決めた菊地絵理香【写真:Getty Images】

ほけんの窓口レディース初日

 女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディースが13日、福岡CC和白C(6299ヤード、パー72)で開幕した。降雨によるコースコンディション不良のため約40分中断。ツアー通算4勝の33歳・菊地絵理香(フリー)は7バーディー、1ボギーの66で回り、6アンダーで鈴木愛、小祝さくら、仲宗根澄香と並ぶ首位発進を決めた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 スイング改造がハマってきた。菊地は3番パー4の第2打。「イメージ通りに飛んでいってくれた」と2メートル半につけてバーディーを奪った。5番まで3連続で伸ばし、7番でもバーディー。後半10番もグリーン奥から12ヤードのアプローチを入れて伸ばすと、11番は70センチにつけてバーディー。12番は4メートルを沈め、またも3連続だ。

「前半はショットで獲ったバーディー。つけて獲れたのは本当に久々ですね。いいスコアが出た要因かなと思います。雨は嫌だなと思うことが多いので、そういうふうに思わないように集中しました。気を付けたのはそこだけ。途中は雨が強くなったけど、集中していてあまり気にならなかった」

 例年、春に好成績を収めてきたが、今季はここまで14位が最高。予選は通過するものの、上位に食い込めない試合が続いた。原因はオフのスイング改造。2012年の初シード獲得から9季連続でシードを守るベテランは現状に満足しない。クラブを立てる「アップライト」にし、さらなる向上を目指した。

「(新しいスイングを)いろんな状況でやってみないと判断できない。開幕から1か月くらいは気持ち悪くてもやろうと思っていました。それがどうしてもハマらなかったので、また変えようかなと。元通りには戻らないけど、去年と今年の間くらいのスイングにしました。ハマれば去年よりいいショットが打てると思います」

 100ヤード以内のミスが増えたため、フラットなスイングに修正。好不調の波がようやく落ち着いてきた。「オフは大袈裟にやって、そのまま開幕を迎えました。それが今は収まってきたのかなと。練習でやらないと試合で変わらない。オフは思い切ってやりました」。開幕から2か月半、ハマるまでの“タイムラグ”も計算のうち。シーズンを通した活躍を見据え、豊富な経験を駆使した。

 12日のプロアマ戦で「これだ」という会心のショットが見つかった。同じイメージで初日を回って好発進。「もう少し固めていければアイアンの感触もよくなっている。あまり満足していないですけど、いいショットも打てたので明日も続けたい」。昨年6月に新岡隆三郎キャディーと結婚後初優勝。オフには賞金で大きな冷蔵庫に買い換えた。ミセス2勝目まであと2日を戦い抜く。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集