[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ西村優菜、ベストスマイル賞V2へ謙虚に誓い「感謝の気持ちを込めて…」

女子ゴルフのほけんの窓口レディースが13日から3日間、福岡CC和白C(6299ヤード、パー72)で行われる。12日はプロアマ戦で選手たちが最終調整。ツアー通算4勝の21歳の西村優菜(スターツ)が取材に応じ、“連覇”のかかるベストスマイル賞へ謙虚な姿勢を見せた。

西村優菜【写真:Getty Images】
西村優菜【写真:Getty Images】

ほけんの窓口レディースが13日開幕

 女子ゴルフのほけんの窓口レディースが13日から3日間、福岡CC和白C(6299ヤード、パー72)で行われる。12日はプロアマ戦で選手たちが最終調整。ツアー通算4勝の21歳の西村優菜(スターツ)が取材に応じ、“連覇”のかかるベストスマイル賞へ謙虚な姿勢を見せた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 西村はドライバーショットの改善に取り組んでいる。プロアマ戦を終え「ドライバーショットが良くなかったけど、少しずつ修正したい」と説明。改善点についてこう明かした。

「凄く単純なことですが、ティーを低くしています。それでちゃんと打てるようにしたい。それがハマった感じがありますね。もともと低いタイプですが、キャリー(着弾地点までの距離)を出したくて高くしていました。それでスイングのブレがあったので、低くしています。いいスイングで、いいテンポで打ちたいです」

 以前はヘッド上部からボール半分ほど飛び出す高さだったが、今では「ほぼほぼ出ていない。(下げ幅は)5ミリくらいですかね」と明かした。「(飛距離は)2、3ヤード落ちますが、そこよりもブレを防がないとけない」とスイングの再現性を高めるための措置。「打ちやすいので、自然に段々と高くなっていました。低い方が(感覚的に)気持ちが悪いけど、そこでやらないといけない。低くしてダメだったらスイングが悪いということ」とした。

 今季のトップ10は2位2度を含む5度と安定。ポイントで争うメルセデス・ランキングは未勝利選手では最高の5位につけている。福岡入り後は「もつ鍋は食べました」とニッコリ。昨年はギャラリーのウェブ投票で決まる大会恒例の「ベストスマイル賞」を初受賞。2019年まで6連覇したイ・ボミ(延田グループ)を止めた。西村は「去年いただいたからこそ、感謝の気持ちを込めて福岡でいいプレーができたら」と謙虚に活躍を誓った。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集