[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

まだ優勝のない賞金女王・稲見萌寧、感覚のズレと“共闘”宣言「一生お付き合いする」

女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディースが13日から3日間、福岡CC和白C(6299ヤード、パー72)で行われる。12日はプロアマ戦で選手たちが最終調整。昨季賞金女王の稲見萌寧(Rakuten)が取材に応じ、調整具合を明かした。

稲見萌寧【写真:Getty Images】
稲見萌寧【写真:Getty Images】

ほけんの窓口レディースが13日開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディースが13日から3日間、福岡CC和白C(6299ヤード、パー72)で行われる。12日はプロアマ戦で選手たちが最終調整。昨季賞金女王の稲見萌寧(Rakuten)が取材に応じ、調整具合を明かした。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 稲見は明るく笑った。練習ラウンドでは好調とは言えないものの、普段からよく口にするスイングなどの「気持ち悪さ」について「それは毎週あります。癖ですね」と冷静。感覚的な問題だが「一日だけ気持ち悪さがない日はあります。うまくいっている日はありますけど、次の日に悪くなったり。繊細というか、気にしすぎるところがある」と自己分析した。

 完璧を追い求めるあまり、わずかな感覚の違いも気になる。ゴルフでは歳を重ねるにつれて経験が邪魔になり、うまくいかなくなってしまう選手も少なくない。しかし、稲見は少しずつ自分のことを理解し「今はもうスムーズにいくことはないと思っています。一生お付き合いしていく」と笑った。

 昨年は今大会までに4勝を積み上げ、破竹の勢いで勝ち続けた。今季は紆余曲折を経て、昨季までのトレーナーと再契約。優勝こそ届いていないものの、2位1度、前週3位と復調の兆しを見せた。今大会初日は勝みなみ(明治安田生命)、西村優菜(スターツ)と同組となった。

 この日は髪を緑色に染めて登場し「(開幕戦の)沖縄の2週間くらい前にも染めていたんですが、色が落ちていました。シャワーの水が緑になるくらい」と説明。9日に染め直し、「緑とターコイズブルーが混ざっています。みんなに『凄いね』『似合う』って言われる」と気分も上々だ。昨年11月以来優勝から遠ざかる中、賞金女王が巻き返しを図る。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集