[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

超イーグルで逆転Vの西郷真央、ジャンボ尾崎が「トップ」と評価の“ゴルフ脳”フル回転

国内女子ゴルフツアーのパナソニックオープンレディース最終日が1日、千葉・浜野GC(6660ヤード、パー72)で行われた。首位に2打差の2位で出た20歳・西郷真央(島津製作所)が1イーグル、2バーディーの68で回り、通算10アンダーで逆転優勝。今季出場7戦で4勝目をつかんだ。昨年、稲見萌寧が7戦3勝をマークしているが、それを凌駕する勢いで勝率は驚異の5割7分1厘に。首痛明けで3週間ぶりの出場で、本調子ではなかったが、ピンチをことごとくしのいだ後に15番パー4の第2打を直接入れ、鮮やかに逆転した。全体を通して、卓越した技術と高い「ゴルフ脳」をフル回転させた勝利だった。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

パナソニックオープンレディース、逆転で今季4勝目を掴んだ西郷真央【写真:Getty Images】
パナソニックオープンレディース、逆転で今季4勝目を掴んだ西郷真央【写真:Getty Images】

国内女子ゴルフツアー、パナソニックオープンレディース最終日

 国内女子ゴルフツアーのパナソニックオープンレディース最終日が1日、千葉・浜野GC(6660ヤード、パー72)で行われた。首位に2打差の2位で出た20歳・西郷真央(島津製作所)が1イーグル、2バーディーの68で回り、通算10アンダーで逆転優勝。今季出場7戦で4勝目をつかんだ。昨年、稲見萌寧が7戦3勝をマークしているが、それを凌駕する勢いで勝率は驚異の5割7分1厘に。首痛明けで3週間ぶりの出場で、本調子ではなかったが、ピンチをことごとくしのいだ後に15番パー4の第2打を直接入れ、鮮やかに逆転した。全体を通して、卓越した技術と高い「ゴルフ脳」をフル回転させた勝利だった。(取材・文=THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 15番パー4。西郷の続けた「我慢」が報われた。フェアウェー左サイドでピンまで残り169ヤード地点。6番アイアンで放った第2打は、ピン手前10メートルに着弾した。ボールはそのまま転がり、フックラインを描いてカップに吸い込まれた。西郷は両手を挙げ、キャディーでプロテスト合格同期の河野杏奈とハイタッチ。常に冷静沈着な西郷が、想定外のことに驚いて歓喜した。

「カップに消える瞬間が見えて、歓声が聞えました。心臓がドキッとしました。こんなことがあっていいのか、帰りに事故らないかと心配になりました(笑)」

 ここで同じ最終組のテレサ・ルーを1打逆転。このスーパーイーグルを境にショットを復調させた西郷は、最終18番のパー5でも2オンに成功。2パットのバーディーで勝利を締めくくった。

「(3試合ぶりの)復帰戦ということで、自分に期待していませんでしたが、優勝できてすごくうれしいです。(首の)痛みなくプレーすることもできました」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集