[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

161kmで沈む“凶悪シンカー” 圧巻ド軍23歳に米衝撃「軽々投げている」「凄い回転だ」

ドジャースの23歳右腕が投じた“超高速シンカー”が話題だ。4月29日(同30日)のタイガース戦。5-1の勝利に貢献したブラスダー・グラテオル投手が投じた100マイル(約160.9キロ)の球に「軽々投げているね」「チートコード」などと米ファンからコメントが集まっている。

ドジャースのブラスダー・グラテオル【写真:Getty Images】
ドジャースのブラスダー・グラテオル【写真:Getty Images】

2020年に前田健太とのトレードで加入した23歳右腕の超高速シンカーが話題

 ドジャースの23歳右腕が投じた“超高速シンカー”が話題だ。4月29日(同30日)のタイガース戦。5-1の勝利に貢献したブラスダー・グラテオル投手が投じた100マイル(約160.9キロ)の球に「軽々投げているね」「チートコード」などと米ファンからコメントが集まっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 ドジャースが4点リードで迎えた8回、マウンド上のグラテオルは先頭のバーンハートを3球三振に打ち取ると、さらに圧巻だったのは右打者ヒルとの対戦。沈みながらも内角に食い込んでくる“高速シンカー”を投げ込んだ。球速表示はなんと「100マイル」。ヒルは2球とも空振りし、三振に打ち取られた。

 この投球に米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」のキャメロン・ポラック記者も注目。「ブラスダー・グラテオルは努力次第では500マイル(約805キロ)を投げ込むことができる」と独特な表現でグラテオルの超速変化球を絶賛した。

「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏も「凶悪な100マイルシンカー」と記し、自身のツイッターに実際の映像を公開。米ファンからは「Wow この回転…素晴らしい」「軽々投げているね。すごい」「ひたすらエグイ」「チートコード」などと驚きの声が寄せられた。

 グラテオルは23歳の速球派右腕。20年2月に前田健太投手とのトレードでツインズからドジャースに加入し、今季は新天地3年目のシーズンを迎えていた。この試合は打者3人を無安打2三振と好投。30日(同5月1日)の試合も連投し、1/3回を1安打1四球、1奪三振だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集