[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フューリーにTKO負けも不満 115kg挑戦者が「あれは違反だ!」と終了直前の行為指摘

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチは23日(日本時間24日)、王者タイソン・フューリーが挑戦者ディリアン・ホワイトとの英国対決を6回TKOで制し、2度目の王座防衛に成功した。しかし、敗れたホワイトはフューリーに違反行為があったと主張。再戦を要求しているという。英紙「デイリーメール」が報じている。

ディリアン・ホワイトに勝利し、喜びの表情を見せるタイソン・フューリー【写真:AP】
ディリアン・ホワイトに勝利し、喜びの表情を見せるタイソン・フューリー【写真:AP】

ディリアン・ホワイト「フューリーはやりたい放題だった」

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチは23日(日本時間24日)、王者タイソン・フューリーが挑戦者ディリアン・ホワイトとの英国対決を6回TKOで制し、2度目の王座防衛に成功した。しかし、敗れたホワイトはフューリーに違反行為があったと主張。再戦を要求しているという。英紙「デイリーメール」が報じている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 6回だった。フューリーは挑戦者の顎に、強烈な右アッパーを打ち込んだ。ダメージを受け、体重115キロのホワイトの足が止まったところで、両手で突き飛ばすように押し出す。戦意を失ったホワイトは仰向けでキャンバスに倒れこみ、勝負あり。TKOでフューリーの王座防衛が決まった。

 しかし、最後の押し出しをホワイトは違反行為だと主張。英紙「デイリーメール」は「ホワイトはフューリーへ再戦を要求している。フューリーのノックアウトはアッパーカットでの決着というより、違反である両手での押し出しであったとホワイトは主張している」とレポート。不満げなホワイトのコメントを続けてこう紹介している。

「彼(フューリー)は私を全力で押した。それで私は頭をキャンバスに打ち付けた。あれは違反だ」「あれはレスリングだ。ボクシングじゃない。フューリーはやりたい放題だった」

 33歳のフューリーはこの勝利で32戦32勝(23KO)1分け。対戦が決まった当時から引退を示唆していた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集