[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • リナレスは「偉大な王者だ」 プロ初ダウンのロマチェンコが賛辞「いい右だった」

リナレスは「偉大な王者だ」 プロ初ダウンのロマチェンコが賛辞「いい右だった」

ボクシングのWBA世界ライト級タイトルマッチ12回戦(米ニューヨーク)は12日(日本時間13日)、WBOスーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が王者ホルヘ・リナレス(ベネズエラ)を10回2分8秒TKO勝ちで下し、世界最速プロ12戦目で3階級制覇を達成した。米スポーツ専門局「ESPN」は強烈な左ボディーで王者を沈めた瞬間を動画付きで公開し、ロマチェンコが「リナレスは偉大なチャンピオンだ」などと語ったことを紹介している。

ワシル・ロマチェンコ【写真:Getty Images】
ワシル・ロマチェンコ【写真:Getty Images】

3階級制覇の新王者「リナレスとの戦いは見てくれたファンすべてにとって良いもの」

 ボクシングのWBA世界ライト級タイトルマッチ12回戦(米ニューヨーク)は12日(日本時間13日)、WBOスーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が王者ホルヘ・リナレス(ベネズエラ)を10回2分8秒TKO勝ちで下し、世界最速プロ12戦目で3階級制覇を達成した。米スポーツ専門局「ESPN」は強烈な左ボディーで王者を沈めた瞬間を動画付きで公開し、ロマチェンコが「リナレスは偉大なチャンピオンだ」などと語ったことを紹介している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 ウクライナの英雄が、歴史的一戦を制した。ロマチェンコが世界最速で3階級制覇を成し遂げた。

 6回にプロ初のダウンを喫するなど、リナレスを相手に苦しみながら迎えた10回。一気に勝負に出た。手数を増やし、最後は連打から渾身の左ボディーを炸裂。王者は膝から崩れ落ちた。すぐさま右手でガッツポーズを繰り出したロマチェンコ。会場は熱狂の坩堝と化した。TKO勝ちが決まると、コーナーに上がり、何度も右拳を掲げて絶叫し、歓喜に酔いしれた。

「ESPN」はTKOの瞬間を公式ツイッターで動画付きで速報。強烈な左ボディーで王者を沈めた姿に「ショットが見えすらしない!」「レバーに完璧なショットだ」など海外ファンの熱狂を呼んでいたが、公式サイトの記事によれば、ロマチェンコは10回に及んだリナレスとの死闘を「素晴らしい戦いだった」と振り返っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー