[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • ロマチェンコ、戦慄の左ボディーで3階級制覇 海外熱狂「ショットが見えすらない!」

ロマチェンコ、戦慄の左ボディーで3階級制覇 海外熱狂「ショットが見えすらない!」

ボクシングのWBA世界ライト級タイトルマッチ12回戦(米ニューヨーク)は12日(日本時間13日)、WBOスーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が王者ホルヘ・リナレス(ベネズエラ)を10回2分8秒TKO勝ちで下し、世界最速プロ12戦目で3階級制覇を達成した。米スポーツ専門局「ESPN」は強烈な左ボディーで王者を沈めた瞬間を動画付きで公開し、海外ファンに「ショットが見えすらしない!」「こんな試合を期待していた。素晴らしい試合だった」などと熱狂が広がっている。

ワシル・ロマチェンコ【写真:Getty Images】
ワシル・ロマチェンコ【写真:Getty Images】

王者リナレスを撃破…ESPNがTKO勝ちの瞬間を公開、海外ファン「素晴らしい試合」

 ボクシングのWBA世界ライト級タイトルマッチ12回戦(米ニューヨーク)は12日(日本時間13日)、WBOスーパーフェザー級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)が王者ホルヘ・リナレス(ベネズエラ)を10回2分8秒TKO勝ちで下し、世界最速プロ12戦目で3階級制覇を達成した。米スポーツ専門局「ESPN」は強烈な左ボディーで王者を沈めた瞬間を動画付きで公開し、海外ファンに「ショットが見えすらしない!」「こんな試合を期待していた。素晴らしい試合だった」などと熱狂が広がっている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 ボクシング界最強の一人と呼び声高い、ウクライナの英雄が歴史を変えた。

 ロマチェンコは6回にプロ初のダウンを喫するなど、リナレスを相手に苦しみながら迎えた10回。一気に勝負に出た。手数を増やし、最後は連打から渾身の左ボディーを炸裂。王者は膝から崩れ落ちた。すぐさま右手でガッツポーズを繰り出したロマチェンコ。すでに会場は熱狂の坩堝と化していた。

 そして、TKO勝ちが決まるとコーナーに上がり、何度も右拳を掲げ、絶叫した。世界最速プロ12戦目で果たした3階級制覇。これ以上ない絶頂に酔いしれた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー