[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「あの伝説の試合と同じサイタマで…」 井上尚弥―ドネア再戦決定に本場米メディア期待

30日に発表されたボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)とWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)の3団体王座統一戦(6月7日、さいたまスーパーアリーナ)。19年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝以来の再戦に本場米メディアも注目している。

2019年WBSS決勝会見で対面した井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:荒川祐史】
2019年WBSS決勝会見で対面した井上尚弥(左)とノニト・ドネア【写真:荒川祐史】

6月7日にWBSS決勝と同じさいたまスーパーアリーナで激突

 30日に発表されたボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)とWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)の3団体王座統一戦(6月7日、さいたまスーパーアリーナ)。19年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝以来の再戦に本場米メディアも注目している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 米スポーツ専門局「ESPN」は「この試合は2019年のWBSS決勝と同じ会場で行われるが、そのときの猛々しさと荒々しさを考慮すれば、素晴らしいものになるだろう」と期待。「ドネアは39歳で、いまだエリートレベルにいることは不思議なことである」とフィリピンのレジェンドに敬意を示した一方で「イノウエとドネアの対戦の賞金はさらに高く設定される。お互いがタイトルを保持し、ESPNのランキングでも上位にいる2人の戦いになるのだ」と伝えている。

 また、米専門誌「ザ・リング」は「この統一戦はあの伝説の試合、2019年の年間最高試合に選ばれた地、日本のサイタマで行われる」「イノウエは眼窩骨骨折に見舞われながらも、第1戦を勝利している」と紹介。「ドラマ・イン・サイタマ」と呼ばれた名勝負を振り返り、再戦実現を報じていた。

 12ラウンドを戦い抜いた死闘から2年半。30日に会見に出席した井上は「再戦が決まった時、前回決勝を鮮明に思い出しました。昨日のように思い出せる。次は13ラウンド目だと覚悟しています」と息巻いていた。ついに実現した「井上―ドネア第2章」に、早くも海の向こうからも期待が膨らんでいる。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集