[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マクドネルが現役引退 井上尚弥に112秒KOで王座陥落「惑星最強のファイターに及ばず」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)と世界戦で対戦した、元WBA同級正規王者ジェイミー・マクドネル(英国)が現役引退を表明した。英衛星放送「スカイスポーツ」が報じている。

井上尚弥とジェイミー・マクドネル(右)【写真:Getty Images】
井上尚弥とジェイミー・マクドネル(右)【写真:Getty Images】

英メディアが報道「イノウエ相手のKO負けで王座君臨は終わり」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)と世界戦で対戦した、元WBA同級正規王者ジェイミー・マクドネル(英国)が現役引退を表明した。英衛星放送「スカイスポーツ」が報じている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 マクドネルは2018年5月25日、挑戦者だった井上に初回1分52秒でTKO負けし、王座陥落。敗北から1年1か月後に迎えた再起戦では、ノンタイトル6回戦で15勝15敗4分けのクリスチャン・ナルバエス(ニカラグア)に判定勝ちしていたが、以降は試合をしていない。この度、グラブを置くことを決めたようだ。

「スカイスポーツ」は、マクドネルがインスタグラムで出した声明を記事で紹介。「今日はボクシングの競技から正式に引退する日となった。35歳という年齢でカムバックするには遅すぎると感じている」などと記しているという。

 2015年は亀田和毅に連勝するなど、10年間無敗だったマクドネルだが、井上のバンタム級昇格初戦となるタイトルマッチでは112秒で圧倒された。

「私はホームタウンのドンカスターで初の世界タイトルを手にした。世界中でベルトを防衛してきた。ベストになるために最強と戦ってきたんだ。惑星最強のファイターの1人に対しては及ばなかったが、この歳でのカムバックを果たすことになれば、自分のこれまでのハードワークに恥をもたらすことになってしまう」

 30勝3敗1分無効試合1というキャリアだったマクドネルは、井上について「惑星最強のファイターの1人」と称賛していたという。記事では「2018年のナオヤ・イノウエ相手のKO負けで4年間の王座君臨は終わりを告げた」と改めて脚光を当てていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集