[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 清宮は5戦連続安打、東、田嶋はローテ定着、中村奨、安田は? …開幕1か月ドラ1診断

清宮は5戦連続安打、東、田嶋はローテ定着、中村奨、安田は? …開幕1か月ドラ1診断

プロ野球界も5月に入り、ゴールデンウイークの9連戦を終えた。セ・リーグでは3連覇を目指す広島が好スタートを切り、パ・リーグでは強力打線の西武が、30試合で貯金16と快進撃を続けている。一方で注目のルーキーたちはというと――。日本ハムのドラ1清宮幸太郎が1軍昇格から5試合連続安打。高卒ルーキーのデビューからの連続安打記録を更新している。金の卵たちは、ここまでをどう過ごしたのだろうか。2017年ドラフト1位の現状に注目してみた。

清宮幸太郎【写真:Getty Images】
清宮幸太郎【写真:Getty Images】

中村奨はファームでじっくりと、東は開幕からローテ守り奪三振はリーグ2位

 プロ野球界も5月に入り、ゴールデンウイークの9連戦を終えた。セ・リーグでは3連覇を目指す広島が好スタートを切り、パ・リーグでは強力打線の西武が、30試合で貯金16と快進撃を続けている。一方で注目のルーキーたちはというと――。日本ハムのドラ1清宮幸太郎が1軍昇格から5試合連続安打。高卒ルーキーのデビューからの連続安打記録を更新している。金の卵たちは、ここまでをどう過ごしたのだろうか。2017年ドラフト1位の現状に注目してみた。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

【セ・リーグ】

〇広島・中村奨成捕手(ファーム)32試合91打数20安打2本塁打7打点、打率.220
 広陵高から地元・広島に入団した甲子園のスター。1軍昇格はまだないが、2軍で力をつけている。こちらも将来有望な坂倉らと併用されながら、規定打席に到達。数字的には苦戦しているようだが、着実に経験を積んでいるようだ。

〇巨人・鍬原拓也投手(ファーム)3試合1勝1敗、防御率3.38
 中大から入団。即戦力の期待も、上半身のコンディション不良で出遅れ。ここまで3度登板し、5日の日本ハム戦で6回1安打無失点の快投でファーム初勝利をあげた。150キロ超の直球を連発するなど片りんを見せており、1軍デビューも近そうだ。

〇DeNA・東克樹投手(1軍)5試合2勝2敗、防御率2.41
 立命大から入団。今永、ウィーランドらが出遅れる中でローテーション入り。防御率はリーグ6位、奪三振37は菅野に次ぐリーグ2位の数字だ。170センチと小柄ながら、キレの良い140キロ台後半の直球とチェンジアップなどで三振の山を築いている。

〇阪神・馬場皐輔投手(ファーム)1試合1勝0敗、防御率0.00
 仙台大から入団。3月に右足に張りが出たが、4月29日のウエスタン、広島戦で中継ぎ登板。1イニングを打者3人で抑えた。180センチ、90キロの本格派右腕として今後の活躍が楽しみだ。

〇中日・鈴木博志投手(1軍)14試合1勝6ホールド、防御率2.45
 ヤマハから入団。即戦力の前評判に違わず、開幕からセットアッパーとしてフル回転。4月29日のDeNA戦で初失点したが、それまでは10試合連続無失点を続けていた。すでに竜投のブルペンに欠かせない存在に。

〇ヤクルト・村上宗隆内野手(ファーム)31試合113打数35安打3本塁打25打点、打率.310
 九州学院高から入団後に捕手から内野手にコンバート。188センチ、97キロの見事な体格でファームでは早くも順応している。打率はリーグ7位、打点はトップ。近い将来、主軸を打つ期待をかけたくなる。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー