[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、自在の投球を米称賛「ボールを破壊するカーブ、トドメ刺すスライダー」

大谷翔平、自在の投球を米称賛「ボールを破壊するカーブ、トドメ刺すスライダー」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地でのマリナーズ戦で6回0/3を6安打2失点6奪三振と好投し、3勝目(1敗)を挙げた。左足首の捻挫から12日ぶりの先発登板で、きっちりと仕事を果たした二刀流の怪物。米メディアは、直球、スプリット、スライダーとすべての球種が高い水準にあったと高く評価している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

160キロの直球、球速差40キロのカーブと緩急自在の投球を米メディアが称賛

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地でのマリナーズ戦で6回0/3を6安打2失点6奪三振と好投し、3勝目(1敗)を挙げた。左足首の捻挫から12日ぶりの先発登板で、きっちりと仕事を果たした二刀流の怪物。米メディアは、直球、スプリット、スライダーとすべての球種が高い水準にあったと高く評価している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 左足首の不安を全く感じさせなかった。初回1死、まずはセグラを、フルカウントから外角に鋭く曲がる、82マイル(約132キロ)のスライダーでバットに空を切らせた。見逃せば完全なボール球だが、抜群の切れ味にセグラのバットは止まらなかった。

 この三振を皮切りに、7回途中で降板するまでに6つの三振を奪った大谷。そのすべてがスイングアウトで、うち4つがスライダー、残り2つがスプリットだった。

 直球、スライダー、スプリット、カーブとすべての球種を使っての98球。ファストボールは最速99.5マイル(約160キロ)をマークし、カーブとの球速差は40キロあった。

「23歳の右腕はメジャーリーグの5回目の登板で電撃的な内容を見せた。98マイルの豪速球、ドライビングスプリット、ボールを壊すほどのカーブ、トドメを刺すスライダーを織り交ぜた投球でマリナーズを途方に暮れさせた」

 米ヤフースポーツは、5月初登板だった大谷の投球内容をこうレポートしている。緩急もしっかりと使い始めた背番号17。投手としても日々進化しているのは間違いない。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー