[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 外野から148キロ!? 大谷同僚、スーパースターの強すぎる肩に米仰天「史上最高だ」

外野から148キロ!? 大谷同僚、スーパースターの強すぎる肩に米仰天「史上最高だ」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地でのマリナーズ戦に中11日で先発し、7回途中を6安打2失点6奪三振と好投。チームを8-2の快勝に導き、3勝目(1敗)を手にした。その1戦で球界を代表するスーパースター、マイク・トラウト外野手が強肩を披露したシーンが話題を呼んでいる。エンゼルスが公式SNSで公開すると、ファンは「キャノン砲」「史上最高の肩」と驚きの声が相次いでいる。

エンゼルスのマイク・トラウト【写真:Getty Images】
エンゼルスのマイク・トラウト【写真:Getty Images】

トラウトが強肩ぶりを発揮し走者を補殺、ピンチの拡大防ぎ大谷助ける

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、敵地でのマリナーズ戦に中11日で先発し、7回途中を6安打2失点6奪三振と好投。チームを8-2の快勝に導き、3勝目(1敗)を手にした。その1戦で球界を代表するスーパースター、マイク・トラウト外野手が強肩を披露したシーンが話題を呼んでいる。エンゼルスが公式SNSで公開すると、ファンは「キャノン砲」「史上最高の肩」と驚きの声が相次いでいる。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 トラウトが鉄砲肩で、大谷を助けた。5回2死一塁。大谷はゴードンに96マイル(約154キロ)のファストボールを中前へはじき返された。一塁走者のギャメルは二塁を蹴って三塁を狙う。前進しながらボールを処理したトラウトが、ここで魅せた。

 矢のような送球を三塁へ。実にきわどいタイミングで、塁審は一度はセーフのジャッジ。だがエンゼルスサイドはすぐにチャレンジを要請。結果はアウトに覆った。

 この走者がセーフだったなら2死一、三塁とピンチが拡大していただけに、大谷にとっても非常に大きな補殺だった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー