[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

167km剛速球をマークした米21歳大学生に衝撃「シンプルに不公平」「ノーチャンスだ」

米大リーグの開幕が迫る中、米大学野球で超剛速球が生まれた。テネシー大は20日(日本時間21日)、米大学リーグ戦「SECオープニング・ウィークエンド」で南カリフォルニア大と対戦。9回1死から登板した注目右腕ベン・ジョイスが104マイル(約167.4キロ)の直球を投げ込むと、米ファンを「ノーチャンス」「シンプルに不公平」と驚かせた。

テネシー大のベン・ジョイスが見せた超剛速球が話題に【写真:Getty Images】
テネシー大のベン・ジョイスが見せた超剛速球が話題に【写真:Getty Images】

テネシー大の21歳、ベン・ジョイスが104マイルを記録

 米大リーグの開幕が迫る中、米大学野球で超剛速球が生まれた。テネシー大は20日(日本時間21日)、米大学リーグ戦「SECオープニング・ウィークエンド」で南カリフォルニア大と対戦。9回1死から登板した注目右腕ベン・ジョイスが104マイル(約167.4キロ)の直球を投げ込むと、米ファンを「ノーチャンス」「シンプルに不公平」と驚かせた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 ジョイスの剛腕が唸りを上げた。10-0の9回2死走者なし。左打者に対し、初球は真ん中付近の102マイル(約164.2キロ)で空振り。2球目は103マイル(約165.8キロ)で空を切らせた。3球目はなんと104マイルだ。外角のボール球だったが、米実況も「ワン・オー・フォー(104)。新記録だ」と自己最速更新に興奮。91マイル(約146.5キロ)のチェンジアップをファウルされたのち、最後は102マイルの直球で空振り三振を奪った。

 21歳の投球動画を「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏がツイッターに公開。文面に「ベン・ジョイスと対戦……地獄の打席だ」とつづった。米ファンから「とんでもない」「クレイジーだ」「ノーチャンスじゃん」「冗談だろ」「すみません……。これは何ですか?」「104はイジメ」「シンプルに不公平」などの驚愕の声が集まった。

 2/3回を投げ、無安打1奪三振無四球の無失点で10-0の勝利に貢献。今月2日、ジョイスは地元紙に「最速103.5マイル(約166.6キロ)右腕」として特集を組まれるなど注目を集めていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集