[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

寺地拳四朗、ボクサーの“ご法度”を破った約束 「負けは恥じゃない」で覚悟を決めた

ボクシングのWBC世界ライトフライ級(48.9キロ以下)タイトルマッチ12回戦が19日、京都市体育館で行われ、挑戦者の前王者・寺地拳四朗(BMB)が王者・矢吹正道(緑)に3回1分11秒KO勝ちした。昨年9月にバッティング騒動が巻き起こった対決。6か月ぶりの因縁の再戦で王座奪還。試合1か月前にはトレーナーと交わした“約束”によって覚悟が決まった。戦績は30歳の寺地が19勝(11KO)1敗、29歳の矢吹が13勝(12KO)4敗。観衆は3800人。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

矢吹正道に3回KO勝ちし、加藤トレーナーに担がれる寺地拳四朗【写真:浜田洋平】
矢吹正道に3回KO勝ちし、加藤トレーナーに担がれる寺地拳四朗【写真:浜田洋平】

矢吹正道VS寺地拳四朗、因縁のダイレクトリマッチ

 ボクシングのWBC世界ライトフライ級(48.9キロ以下)タイトルマッチ12回戦が19日、京都市体育館で行われ、挑戦者の前王者・寺地拳四朗(BMB)が王者・矢吹正道(緑)に3回1分11秒KO勝ちした。昨年9月にバッティング騒動が巻き起こった対決。6か月ぶりの因縁の再戦で王座奪還。試合1か月前にはトレーナーと交わした“約束”によって覚悟が決まった。戦績は30歳の寺地が19勝(11KO)1敗、29歳の矢吹が13勝(12KO)4敗。観衆は3800人。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 寺地が強くなって帰ってきた。重心を下げ、ガードを固めながら圧力。ジリジリと迫り、ワンツーを当てた。ジャブでポイントを稼ごうとする前回までと違う。強打の相手を恐れることなく立ち向かった。決着は3回。少し浮いた相手に右ストレートを一閃。尻もちでダウンした王者を見下ろした。

 右拳で何度もロープを叩いて喜びを爆発。KO勝ちが決まり、顔をくしゃくしゃにして泣いた。昨年9月22日の初対戦から178日ぶりのダイレクトリマッチ(直接の再戦)。前回は陣営が矢吹による「故意のバッティング」を主張し、物議を呼んだ。「初めて世界を獲った時、ここまでうれしくなかった。もう幸せの一言です。涙が溢れ出ちゃいました。あんなに泣いたのは初めて。うわぁ~って声が出ちゃいました」。持ち前の満面の笑みも取り戻した。

「よかった~。会見できてよかったぁ」

 この日は一通り質問に答えた後、会場を出る際に安堵の言葉が口をついた。前回は8度も防衛してきた王座から陥落。大出血した怪我の影響もあり、試合後に取材を受けられなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集