[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メドベージェワ、“引退”の可能性に現地メディアが言及「将来は霧に覆われている」

今後の選択肢は海外へ移籍してトップ戦線に残るか、“引退”かの2択?

 記事では、メドベージェワがこの先に2つの選択肢(現役続行かキャリアを終わらせるか)があるとしている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

「これに関して『終わらせる』という言葉がこの場合はそのまま文字通りの意味を持たないということを理解しなければならない」

 ロシアに残りほかのコーチに師事するなら、現役としてのキャリアは終わりを迎えるだろうとしている。

「静かにレドニコーヴイ・ピリーオド(フィギュア界の重鎮であるタチアナ・タラソワ氏らがジャッジを務めるロシアのTVで有名な素人参加型のフィギュアスケート番組。4月初旬にメドベージェワは初めてこの番組の司会に挑戦している)に出演してもいいし、今の流行を表現するアイスショーに参加したりしてそういった人生に浸ってもいい。ただ、推測するにメドベージェワがロシアにとどまりつつ、今自分の肩にのしかかっているすべてのものを投げだすことができるとも思えない」

 記事では、世界のトップ戦線に残るには海外へ移ることが最適だとしている。環境の変化が精神状態に良い影響をもたらし、たとえ海外に移住してもロシア代表の座を争うことは可能だとも言及している。

「そしてもうひとつ大事な要素がある。トゥトベリーゼでもブライアン・オーサーでもどのコーチがメドベージェワのコーチになったとしても、彼女は理解せずにはいられないだろう、自由な人生には重いプレッシャーはない、そしてそれがなければ勝利はないということを」

 現状ではオーサー氏が拠点を置くカナダ・トロントの「クリケットクラブ」への移籍が有力とみられているが、まだ正式発表はなされていない。同メディアはロシアに残った場合には、“ゆるやかな引退”へ向かうだろうとしている。18歳のメドベージェワが下した決断。その行方に大きな注目が集まっている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集