[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 伊藤美誠、元世界1位撃破の衝撃カウンターに国際連盟も絶賛「ミラクルショット!」

伊藤美誠、元世界1位撃破の衝撃カウンターに国際連盟も絶賛「ミラクルショット!」

卓球の世界選手権団体戦(スウェーデン・ハルムスタード)は5日、決勝を行い、日本女子は中国に1-3で敗れ、47年ぶりの優勝はならず、3大会連続の銀メダルだった。卓球王国に一矢報いたのは先陣を切った世界ランク7位伊藤美誠(スターツ)だった。

伊藤美誠【写真:Getty Images】
伊藤美誠【写真:Getty Images】

日本は中国に敗れ3大会連続の銀メダル、伊藤は元世界1位に競り勝つ

 卓球の世界選手権団体戦(スウェーデン・ハルムスタード)は5日、決勝を行い、日本女子は中国に1-3で敗れ、47年ぶりの優勝はならず、3大会連続の銀メダルだった。卓球王国に一矢報いたのは先陣を切った世界ランク7位伊藤美誠(スターツ)だった。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 伊藤は元世界1位の劉詩ブンにフルゲームの激戦の末に、3-2で勝利。日本勢が37連敗中だった劉から大金星を挙げた。国際卓球連盟(ITTF)の日本版ツイッターでは、追い込まれた状態からの伊藤の起死回生の一撃を「ミラクルショット」として動画で紹介している。

 第5ゲーム、1-5とリードされた場面だった。伊藤のサーブからのラリーの応酬。相手のショットが1度ネットにかかり、ボールが横に落ちかけたが懸命に拾うと、相手の強打を見事に打ち返すカウンターが炸裂。対角線上に打ち込み、ポイントを挙げたのだ。

 実況者も「何だってミマ・イトウ!」と大興奮の一打で流れを引き戻し、8-10と相手のマッチポイントから4連続得点で勝利。敗れはしたが、伊藤は中国相手にも互角以上に渡り合えることを証明した。

「後がない第5ゲームでマッチポイントを握られてから逆転できたのは、1-5でリードされた場面の『あの1本のおかげ』と振り返る。そのミラクルショットがこちら!」

 ITTFはこうつづり、見事なカウンターを動画で公開している。卓球王国を慌てさせた伊藤の一撃。今大会のハイライトの一つになりそうだ。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー