[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

心ない野次に涙の大坂なおみ 相手のロシア選手は同情「数年前を思い出したのかも…」

テニスのBNPパリバ・オープンは12日(日本時間13日)、女子シングルス2回戦が行われ、世界ランク78位の大坂なおみ(フリー)が第21シードのクデルメトワ(ロシア)に0-6、4-6で敗退。試合中には客席から心ない野次が飛び、涙を流すシーンがあった。対戦相手のクデルメトワは「数年前のことを思い出して泣いてしまったのかもしれない」と同情している。

女子シングルス2回戦に出場した大坂なおみ【写真:Getty Images】
女子シングルス2回戦に出場した大坂なおみ【写真:Getty Images】

観客の女性が試合中に「ナオミ、最低」と叫んだと海外メディア報道

 テニスのBNPパリバ・オープンは12日(日本時間13日)、女子シングルス2回戦が行われ、世界ランク78位の大坂なおみ(フリー)が第21シードのクデルメトワ(ロシア)に0-6、4-6で敗退。試合中には客席から心ない野次が飛び、涙を流すシーンがあった。対戦相手のクデルメトワは「数年前のことを思い出して泣いてしまったのかもしれない」と同情している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 第1セット第1ゲーム終了後。海外メディアによると、観客の女性が「ナオミ、最低」と叫び、大坂は主審に詰め寄った。試合は続行されたが、ベンチで涙を拭うシーンも。第1セットを1ゲームも奪えずに落とすと、第2セットも奮闘したが、4-6でストレート負けを喫した。

 豪紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」のキラン・グプタ記者は、試合後のクデルメトワのコメントを自身のツイッターで紹介。「ナオミは数年前にセリーナと戦った時に起きたことを思い出したのかもしれない。そのときに似たことが起きたから、彼女は泣いてしまったんだと思う」と心中を慮ったという。

 大坂は2018年の全米オープン決勝で、憧れのセリーナ・ウィリアムズ(米国)に勝利。初のグランドスラム制覇を成し遂げた。しかし、試合後には優勝を期待していたセリーナの地元ファンからブーイングを浴び、涙を流した出来事が過去にあった。

 クデルメトワは「私は彼女が強くて、偉大な人間だと分かっている」とフォロー。「彼女ならきっと上手く対処すると思う」とエールを送った。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集