[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大混戦1打差でV逃した2位2人の胸中 堀琴音「悔しいの一言」植竹希望「何とも言えない」

女子ゴルフの今季2戦目・明治安田生命レディス最終日が13日、高知・土佐CC(6228ヤード、パー72)で行われた。ツアー2勝目を狙った堀琴音(ダイセル)、勝てば「黄金世代」10人目の優勝者だった植竹希望(サーフビバレッジ)は、ともに1打及ばずに通算12アンダーで2位だった。優勝は65で回って通算13アンダーのサイ・ペイイン(京豊エンジニアリング)。30歳にしてツアー初制覇、台湾出身者では、フェービー・ヤオ以来4年ぶりの優勝となった。

惜しくも1打差の2位に終わった堀琴音【写真:Getty Images】
惜しくも1打差の2位に終わった堀琴音【写真:Getty Images】

国内ツアー第2戦・明治安田生命レディス最終日

 女子ゴルフの今季2戦目・明治安田生命レディス最終日が13日、高知・土佐CC(6228ヤード、パー72)で行われた。ツアー2勝目を狙った堀琴音(ダイセル)、勝てば「黄金世代」10人目の優勝者だった植竹希望(サーフビバレッジ)は、ともに1打及ばずに通算12アンダーで2位だった。優勝は65で回って通算13アンダーのサイ・ペイイン(京豊エンジニアリング)。30歳にしてツアー初制覇、台湾出身者では、フェービー・ヤオ以来4年ぶりの優勝となった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 以下、主な選手のコメント。

〇堀琴音(通算12アンダー、2位)

「(後悔の)あの1打やこの1打があるので、『悔しい』の一言です。でも、ゴルフ的にはノーボギーでしたし、悪くなかったかなと思います。また次、来週頑張りたいと思います。今日は17番でアイアンが少しダフッたりしたので、細かいところをもう少し詰めていければと思います」

〇植竹希望(通算12アンダー、2位)

「最後のパットが入っての1打差なので、何とも言えません。緊張して硬くなった訳じゃなくて、ショットの調子がちょっと下がり気味な感じでしたし、調整し直して、ショットが去年の自分くらいに落ち着いてきたら、『すぐに勝てちゃうんじゃないかな』と思えました。今日は楽しくプレーできたので、来週につなげたいなと思います」

〇勝みなみ(通算4アンダー、32位)

「(ホステスプロとして)無事に終えられて良かったと思います。昨日は3日間になるか、2日間になるかっていう瀬戸際だったので、とりあえず、今日を迎えられて良かったです。また来年もあると思うので、来年こそはもっと上位で活躍できるように、盛り上げられるように頑張りたい」

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集