[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

勝みなみは6位発進 「まずい」ボギーから巻き返し4バーディーで自賛「ナイスプレー」

女子ゴルフの今季2戦目・明治安田生命レディス初日が11日、高知・土佐CC(6228ヤード、パー72)で行われた。ホステスプロの勝みなみ(明治安田生命)は、5バーディー、1ボギーの68で回り、4アンダーの6位発進となった。予選落ちした昨年大会については「責任を感じた」と語っていたが、粘り強さを発揮。上位争いに加わったことを素直に喜んだ。首位は7アンダーの西木裕紀子(須磨産業)。

明治安田生命レディス、ホステスプロの勝みなみは6位発進【写真:Getty Images】
明治安田生命レディス、ホステスプロの勝みなみは6位発進【写真:Getty Images】

今季ツアー第2戦・明治安田生命レディス初日

 女子ゴルフの今季2戦目・明治安田生命レディス初日が11日、高知・土佐CC(6228ヤード、パー72)で行われた。ホステスプロの勝みなみ(明治安田生命)は、5バーディー、1ボギーの68で回り、4アンダーの6位発進となった。予選落ちした昨年大会については「責任を感じた」と語っていたが、粘り強さを発揮。上位争いに加わったことを素直に喜んだ。首位は7アンダーの西木裕紀子(須磨産業)。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 勝は後半、出だしの10番パー5をボギーにして「これはまずい」と感じたという。この時点でイーブンパー。上位から離されていたからだ。だが、296ヤードの11番パー4では計算通りのショットでスコアを取り戻した。

「第1打は5番ウッドで打ち、第2打は58度(ウェッジ)のフルショットで打てる87ヤード地点からでした。それがピン奥2.5メートルについてバーディーが取れました。これは大きかったです」

 前日、勝は「コースが短いので、58度でフルショットが打てる距離にボールを置きたいです」と話していた。ピンチを好マネジメントで脱した勝は、14番パー3からは3連続バーディー。終わってみれば6位につけ、安堵の笑顔を見せた。

「ナイスプレーだったと思います。去年とは比べものにならないくらいにいい位置ですから」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集