[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

一山麻緒&鈴木健吾、東京マラソン夫婦で日本人トップ 13年ぶり挑戦の新谷仁美は7位

東京マラソンは6日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、一山麻緒(ワコール)が2時間21分2秒の6位だった。7月の世界選手権(米国)、24年パリ五輪選考会として23年秋に開催されるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の選考会を兼ねる今レース。東京五輪8位入賞の24歳が力走した。13年ぶりマラソン挑戦の新谷仁美(積水化学)が2時間21分17秒の7位。日本記録は05年野口みずきの2時間19分12秒だった。

東京マラソン前日の会見に出席した一山麻緒(左)と鈴木健吾【写真:浜田洋平】
東京マラソン前日の会見に出席した一山麻緒(左)と鈴木健吾【写真:浜田洋平】

東京マラソン

 東京マラソンは6日、東京都庁~東京駅前行幸通りの42.195キロで行われ、一山麻緒(ワコール)が2時間21分2秒の6位だった。7月の世界選手権(米国)、24年パリ五輪選考会として23年秋に開催されるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の選考会を兼ねる今レース。東京五輪8位入賞の24歳が力走した。13年ぶりマラソン挑戦の新谷仁美(積水化学)が2時間21分17秒の7位。日本記録は05年野口みずきの2時間19分12秒だった。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 男子では鈴木健吾(富士通)は2時間5分28秒で日本人トップの4位に入り、自身の持つ日本記録(21年2月びわ湖毎日:2時間4分56秒)に次ぐ歴代2位の記録でフィニッシュ。夫婦で日本人トップでフィニッシュした。

 スタート地点は快晴、気温7.8度、湿度22%の中で選手たちは一斉にスタートした。海外招待選手たちが先頭集団を走り、新谷と一山は日本人トップの6位集団。16分18秒の日本記録を上回るペースで5キロ地点を通過した。15キロは49分17秒。25キロは日本新ペースの1時間22分24秒だった。

 徐々に日本新ペースからは離され、35キロ地点は1時間56分6秒。2人は終盤まで日本人トップ争いを繰り広げ、最後は一山が底力を見せた。

 一山は昨年東京五輪で8位となり、日本人では2004年アテネ五輪金メダルの野口さん以来の入賞を果たした。以降は駅伝などに出場したが、マラソンは五輪以来。自己ベストは2020年3月名古屋ウィメンズでマークした日本歴代4位の2時間20分29秒(女子単独開催レースのアジア記録)だった。昨年12月には男子日本記録保持者の鈴木健吾(富士通)との結婚を発表。今大会は夫婦そろって出場した。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集