[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織はかつての強さを取り戻したのか 欧州メディアが特集「その可能性はある」

錦織はかつての強さを取り戻したのか 欧州メディアが特集「その可能性はある」

男子テニスの世界ランク21位・錦織圭はバルセロナ・オープンのシングルス2回戦で途中棄権となった。それでも、右手首の故障から今年1月に戦線復帰し、直前のモンテカルロ・マスターズで並居る強豪を破り、準優勝に輝いていた。欧州メディアは「完全復活したのか?」と特集している。

錦織圭【写真:Getty Images】
錦織圭【写真:Getty Images】

バルセロナOPは途中棄権も復活気配…独メディア「ニシコリが帰ってきた」

 男子テニスの世界ランク21位・錦織圭はバルセロナ・オープンのシングルス2回戦で途中棄権となった。それでも、右手首の故障から今年1月に戦線復帰し、直前のモンテカルロ・マスターズで並居る強豪を破り、準優勝に輝いていた。欧州メディアは「完全復活したのか?」と特集している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

「ケイ・ニシコリが帰ってきた。そして、かつての強さをどのくらいで取り戻すのか?」と特集したのは、ドイツのスポーツ専門メディア「Spox」だった。

 モンテカルロで見せた錦織の復活劇は欧州でも話題を呼んでいる。「28歳の男は素早く、躍動感溢れる、ハイペースな流儀を体現した。そして、トップレベルのフィジカルでトップスターを次から次へと倒した」と記事では快進撃を高く評価している。

 モンテカルロでは初戦で世界ランク18位のトマーシュ・ベルディハ(チェコ)、準々決勝で同4位のマリン・チリッチ(クロアチア)、準決勝では同3位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と強敵を次々に撃破。決勝で世界ランク1位のラファエル・ナダル(スペイン)にストレート負けを喫したものの、かつて世界ランク4位にまで上り詰めた本来の姿を取り戻しつつある。

「故障なしにモナコの消耗する1週間を生き延びたのは故障がちな日本のスーパースターで、未来のパイオニアにとっていい兆候だった」

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー