[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「オオタニを凌ぐ、それはパンダ!」 ジ軍人気野手の投手デビューにファンも歓喜

「オオタニを凌ぐ、それはパンダ!」 ジ軍人気野手の投手デビューにファンも歓喜

米大リーグで野手登録のチーム屈指の人気者が、初登板を果たし話題を集めている。ジャイアンツのパブロ・サンドバル内野手が28日(日本時間29日)の本拠地ドジャース戦の9回のマウンドに上がり、見事三者凡退に仕留めた。投手デビューしたシーンをMLB公式ツイッターが公開。“パンダ”の快投に現地ファンは「最高のピッチングに外見は関係ない」などと沸いている。

ジャイアンツのパブロ・サンドバル【写真:Getty Images】
ジャイアンツのパブロ・サンドバル【写真:Getty Images】

ジャイアンツのサンドバルが大敗の展開で登板、見事三者凡退に抑える

 米大リーグで野手登録のチーム屈指の人気者が、初登板を果たし話題を集めている。ジャイアンツのパブロ・サンドバル内野手が28日(日本時間29日)の本拠地ドジャース戦の9回のマウンドに上がり、見事三者凡退に仕留めた。投手デビューしたシーンをMLB公式ツイッターが公開。“パンダ”の快投に現地ファンは「最高のピッチングに外見は関係ない」などと沸いている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 6-15と大量リードを許した9回、ジャイアンツのマウンドに上がったのは“カンフー・パンダ”の愛称で親しまれるサンドバルだった。この日はダブルヘッダーだったため、第2試合へ向けて投手を温存する必要があった。苦肉の策だったが、本拠地「AT&Tパーク」は大いに沸いた。

 だが実際の投球で、さらにヒートアップさせた。ややぽっちゃりとした体形からダイナミックにボールを投げ込んだ。先頭打者のマンシーを2球で二ゴロ。続くグランダルはカーブも交えるなど、投球術も披露。最後は最速88マイル(約142キロ)の直球で三ゴロに仕留めた。

 そして3人目に対戦したのは、この日本塁打を含む3安打のリードオフマン・テイラー。チェンジアップで初球ストライクの後、2球目は外角の低めに見事に制球されたカーブで、テイラーのバットに空を切らせたのだ。4球目で遊ゴロを打たせ、見事三者凡退で切り抜けたサンドバル。“パンダ”の意外な才能に、ジ軍ファンは大歓声を送っていた。

1 2 3
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー