[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

賞金女王の稲見萌寧は出遅れ61位 昨年は2日目から浮上「パッティングを修正したい」

女子ゴルフの国内ツアー開幕戦・ダイキンオーキッドレディスは3日、沖縄・琉球GC(6590ヤード、パー72)で初日が行われた。昨季賞金女王の稲見萌寧(Rakuten)は1バーディー、2ボギーの1オーバーで61位と出遅れ、会見で「最後までパットの感覚がつかめなかった」と明かした。首位は渡邉彩香で5アンダー。2位には1打差の4アンダーでルーキーの佐藤心結とテレサ・ルーがつけている。

初日を61位で終えた稲見萌寧【写真:Getty Images】
初日を61位で終えた稲見萌寧【写真:Getty Images】

今季ツアー開幕戦ダイキンオーキッドレディス第1R

 女子ゴルフの国内ツアー開幕戦・ダイキンオーキッドレディスは3日、沖縄・琉球GC(6590ヤード、パー72)で初日が行われた。昨季賞金女王の稲見萌寧(Rakuten)は1バーディー、2ボギーの1オーバーで61位と出遅れ、会見で「最後までパットの感覚がつかめなかった」と明かした。首位は渡邉彩香で5アンダー。2位には1打差の4アンダーでルーキーの佐藤心結とテレサ・ルーがつけている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 稲見がパットに苦しんだ。持ち味であるジャストタッチのパットは影を潜め、「全然入りませんでした。(高麗グリーンで)見た目と実際(のライン)が違うので、ずっと迷いながらでイメージが合わなかったです」と率直に話した。

 稲見は同コースで行われた昨年大会の初日も73を打っている。しかし、2日目に69、3日目に65とアジャスト。最終的には7位でフィニッシュしている。この日は「ショットは思ったより良かった」と話し、5番パー4ではピン横1.5メートルにつけるショットも放っている。

 昨季終盤に発症した腰痛は解消されておらず、自身のインスタグラムでも「今年も安定の不安まみれ」とコメント。それらを払拭すべく、稲見は「パッティングを修正したいです。バーディーを決める回数を増やして、スコアを出したいです」と言葉に力を込めた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集