[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太、ゴロフキン陣営が興味? 対戦候補3人に言及「ムラタ戦は面白いね」

WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は同級6位のエマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)を下し、日本人史上初となる同級王座の防衛に成功した。ミドル級3団体統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との統一戦に期待が高まる中、ゴロフキンのプロモーターは「ムラタ戦は面白いね」と語っている。地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」が報じている。

村田諒太【写真:Getty Images】
村田諒太【写真:Getty Images】

プロモーターが次戦後の統一戦を語る…候補に挙がった3人とは?

 WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)は同級6位のエマヌエーレ・ブランダムラ(イタリア)を下し、日本人史上初となる同級王座の防衛に成功した。ミドル級3団体統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との統一戦に期待が高まる中、ゴロフキンのプロモーターは「ムラタ戦は面白いね」と語っている。地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」が報じている。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 ゴロフキンは5月5日に米ラスベガスでカネロと3団体統一タイトル戦を予定していたが、カネロが2月のドーピング検査で禁止薬物クレンブテロールに陽性反応を示していたために中止に。カネロは6か月間の資格停止処分を言い渡され、ゴロフキンは代替試合として、5月5日にWBC世界スーパーウェルター級1位のバネス・マーティロスヤン(米国)と対戦することが発表された。

 カネロ戦が宙に浮いたゴロフキンに挑戦状を叩きつけた男がいた。元WBA世界ミドル級王者ダニエル・ジェイコブス(アメリカ)だった。記事では、こう語っている。

「自分がミドル級最強? 間違いない、100%だ。それを今、証明できるかは自分次第だ」

 ジェイコブスはボクシング専門誌「リング」のミドル級ランクでチャンピオンのカネロ、1位のゴロフキンに続き、2位に位置する実力者。だが、ボクシング界最強の呼び声高いゴロフキンのプロモーター、トム・ロフラー氏はこの挑戦状に興味を示さなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集