[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • メダリストが次に見据える場所は? 高木美帆「ライバルを超えられたとは思ってない」

メダリストが次に見据える場所は? 高木美帆「ライバルを超えられたとは思ってない」

平昌五輪スピードスケートで金銀銅の3つのメダルを獲得した高木美帆(日体大助手)とノルディック複合で2大会連続銀メダルの渡部暁斗(北野建設)が28日、契約するアイウェアブランド「オークリー」の原宿店でトークショーを行い、今後の目標をそれぞれが口にした。

高木美帆、渡部暁斗【写真:編集部】
高木美帆、渡部暁斗【写真:編集部】

高木の悩みは「足やお尻が太くなること、サイズの合うパンツが…」

 平昌五輪スピードスケートで金銀銅の3つのメダルを獲得した高木美帆(日体大助手)とノルディック複合で2大会連続銀メダルの渡部暁斗(北野建設)が28日、契約するアイウェアブランド「オークリー」の原宿店でトークショーを行い、今後の目標をそれぞれが口にした。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 お互いへ質問をし合うコーナーでは、高木が渡部へ「職業病」を尋ねると、渡部は「人間観察」と回答。「選手一人一人にクセがある。後ろ姿をみたり観察していると、その選手の調子とかも見えてくる。普段からチェックしています」と説明を加えた。

 高木も「困るのは足やお尻が太くなること。サイズの合うパンツを探すのが大変。緩みのあるスカートに手を出してしまうのは職業病なんですかね」と女性らしい悩みを告白していた。

 また渡部からは「1週間休めたら何をしたい?」という質問が。高木は「部屋に引きこもりたい」と意外な回答。

「部屋の片付けと、模様替えをしたいです。行きたい国? 普段寒いところにしか行かないので、南の方へ。また普段、寒い時期に来ている雪国に夏場にきたらどんな感じなのが、夏のヨーロッパにも行ってみたいです」と思いをはせていた。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー