[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、“内角弱点論”は何処へ 156キロ撃ちに「ショウヘイには問題なし」の声も

大谷翔平、“内角弱点論”は何処へ 156キロ撃ちに「ショウヘイには問題なし」の声も

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地ヤンキース戦に「5番・DH」でスタメン出場。2回にヤンキース開幕投手の右腕セベリーノから4号ソロを放った。難しい内角の97マイル(約156キロ)を弾丸ライナーで、およそ3.5秒で右翼席に叩き込む“超速弾”をMLBは公式ツイッターは「97マイルの内角? ショウヘイには問題なし」と動画付きで公開。開幕前から内角攻めが課題とされてきたが、完全に吹き飛ばした。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

課題とされてきた内角攻めもなんの、懐への97マイルを打った圧巻4号

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地ヤンキース戦に「5番・DH」でスタメン出場。2回にヤンキース開幕投手の右腕セベリーノから4号ソロを放った。難しい内角の97マイル(約156キロ)を弾丸ライナーで、およそ3.5秒で右翼席に叩き込む“超速弾”をMLBは公式ツイッターは「97マイルの内角? ショウヘイには問題なし」と動画付きで公開。開幕前から内角攻めが課題とされてきたが、完全に吹き飛ばした。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 内角だろうと関係ない。大谷が懐をえぐった剛球を完璧に弾き飛ばした。

 2回1死走者なし、1ボール1ストライクからの3球目。ヤンキースの開幕投手右腕セベリーノが投じたのは97マイル(約156キロ)の内角直球だ。大谷は瞬時に長い両腕をたたみ、完璧にとらえた。打球が宙にあったのは、およそ3.5秒。弾丸とはまさにこのことだろうと言うべき、超速弾を右翼席に叩き込んだ。

 見送っていれば、ボールにも見える厳しいコース。しかも、剛腕で鳴らす右腕が投げ込んだ156キロの速球だ。力負けしてバットをへし折られてもおかしくない1球だった。しかし、MLB公式ツイッターが「97マイルの内角? ショウヘイには問題なし」と報じた通り、技と力で反対に最高の結果にしてみせた。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー