[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

期待の18歳佐藤心結、プロ初日は「68」 会見で夢告白「タワマンの上の方に住みたい」

女子ゴルフの国内ツアー開幕戦・ダイキンオーキッドレディスは3日、沖縄・琉球GC(6590ヤード、パー72)で初日が行われ、ルーキーの佐藤心結(ニトリ)は第1組でスタートし、6バーディー、2ボギーの68と好スタートを切った。定評のある280ヤードを超えるドライバーショットと高弾道のアイアンショットも披露。日本人では初となるプロ転向初戦Vに向けては「チャンスがあれば」と控えめだが「夢はタワーマンションの上の方に住みたいです」と独自の意欲を見せた。

プロ初日、「68」と好スタートを切ったルーキーの佐藤心結【写真:Getty Images】
プロ初日、「68」と好スタートを切ったルーキーの佐藤心結【写真:Getty Images】

今季ツアー開幕戦ダイキンオーキッドレディス第1R

 女子ゴルフの国内ツアー開幕戦・ダイキンオーキッドレディスは3日、沖縄・琉球GC(6590ヤード、パー72)で初日が行われ、ルーキーの佐藤心結(ニトリ)は第1組でスタートし、6バーディー、2ボギーの68と好スタートを切った。定評のある280ヤードを超えるドライバーショットと高弾道のアイアンショットも披露。日本人では初となるプロ転向初戦Vに向けては「チャンスがあれば」と控えめだが「夢はタワーマンションの上の方に住みたいです」と独自の意欲を見せた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 アマチュアとして最後に出場した昨年10月のスタンレーレディスでは、渋野日向子らとプレーオフを戦ったスーパールーキー。プロとしての第1打は、しっかりとフェアウェー右サイドをとらえた。飛距離255ヤード。飛ばし屋の佐藤にしては、抑え目だったが、晴れやかな表情でコースを歩き始めた。

「アドレスに入っても心臓の鼓動が聞えるくらいに緊張していました」

 第2打は高弾道でピン右6メートルにつけた。そして、キャディーを務める三觜喜一コーチの読んだライン通りに下りフックのパットを決め、いきなりバーディーを奪った。2番パー4では約290ヤードのドライバーショットを披露。小6にして、三觜コーチに「ぶっ飛び心結ちゃん」と言わしめた圧倒的な飛距離を見せつけた。

 その後もドライバー、アイアンともに冴えて、計6バーディー。15、18番ではアプローチでミスが出てボギーにしたものの、「デビュー戦にしては上出来です」と声を弾ませた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集