[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太「これ以上持たない」 延期連発に心身疲弊、異例ブランクに「体の負担凄い」

ボクシングのWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(帝拳)が3日、都内のホテルで会見し、4月9日にさいたまスーパーアリーナでIBF世界同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と王座統一戦を行うと再発表した。昨年12月29日に開催予定だったが、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の影響で延期になっていたビッグマッチ。試合を組めなかったこの2年4か月間に延期が相次ぎ「体の負担は凄い。これ以上先になるともう持たない」と明かした。

会見に出席し、写真撮影に応じた村田諒太【写真:浜田洋平】
会見に出席し、写真撮影に応じた村田諒太【写真:浜田洋平】

都内で会見、村田諒太VSゴロフキンを再発表

 ボクシングのWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(帝拳)が3日、都内のホテルで会見し、4月9日にさいたまスーパーアリーナでIBF世界同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と王座統一戦を行うと再発表した。昨年12月29日に開催予定だったが、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の影響で延期になっていたビッグマッチ。試合を組めなかったこの2年4か月間に延期が相次ぎ「体の負担は凄い。これ以上先になるともう持たない」と明かした。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 今度こそリングに上がる。村田は2019年12月23日のスティーブン・バトラー(カナダ)戦で5回TKO勝ちし、初防衛を果たして以来の試合。コロナ禍に突入し、試合が決まっては発表前に流れるという繰り返しだった。昨年11月も年末のゴロフキン戦を発表したが、オミクロン株の世界的な感染拡大を受け、政府は全世界を対象に外国人の入国を原則禁止することを発表。年末のビッグマッチは開催が見送られていた。

 モチベーションについては「一定ではなかった。気落ちする期間もあった」と吐露。それでも、「いい形で揺れて、いい時も悪い時もありながら過ごしてきた。最終的にはもの凄くいい状態」と強調した。今年1月に36歳となったばかり。常に試合に備えてピークを保ち続ける難しさを明かした。

「ずっとそれを積み重ねてきたので、体の負担は凄いです。これ以上、試合が先になると持たないですね。逆に言うと、追い込めているということです。ボクシングで自分が良いものを作り上げることと、調子の上下動は違う話。その良いものを作り上げているなという感覚はあります」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集