[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

原英莉花、オフに手術を検討していた 腰痛悩みも回避を選択「ナーバスにはなってない」

女子ゴルフの今季開幕戦・ダイキンオーキッドレディス(沖縄・琉球GC)が3日から4日間開催される。23歳の原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)が1日に会見に臨み、オフは腰の手術を検討しながらも回避したことを明かした。

原英梨花【写真:Getty Images】
原英梨花【写真:Getty Images】

今季開幕戦ダイキンオーキッドレディスを前に会見

 女子ゴルフの今季開幕戦・ダイキンオーキッドレディス(沖縄・琉球GC)が3日から4日間開催される。23歳の原英莉花(NIPPON EXPRESSホールディングス)が1日に会見に臨み、オフは腰の手術を検討しながらも回避したことを明かした。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 原は2020年に日本女子オープン、JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップで国内メジャー2連勝。21年は11月の大王製紙エリエールレディスで1年ぶりの優勝を果たし、シーズン3勝で賞金ランク8位に入った。

 会見では笑顔で「凄いワクワクしています」と新シーズンを前にした気持ちを口にした。昨シーズンから腰痛に苦しめられており、ヘルニアの診断を受けた。オフに「手術するかしないか」を真剣に検討したが、回避しケアを続けていく道を選んだ。

「割り切れている部分もあるのでナーバスにはなっていない。ストレッチやケアを時間を割くことが多くなるが、ゴルフを続けるうえで仕方ない。頑張って取り組みたい」。師匠の“ジャンボ”こと尾崎将司氏にも相談したが、「腰は去年よりよさそうだな」などと温かい声をかけてもらった。

 スイングとクラブも体に合ったものに変更。今年はアクサレディスでの勝利が大きな目標だ。「昨年(アクサレディス前に)祖母が亡くなり、自分の中で一番悲しい瞬間だった。優勝目指したが届かなかった。すっきりというか、祖母に捧げたい」とその意図を明かした。

 畑岡奈紗、渋野日向子ら実力者ひしめく1998年度生まれの“黄金世代”。将来的な海外挑戦も視野に入れる。昨年も出場した全英オープンについて「行きたい。それまでにランクを上げたい。すごく好きというか、いいコース」と笑顔を見せた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集