[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ウクライナ首都を束ねる英雄ボクサー、侵攻耐える市民を称賛「これ以上ない愛国者だ」

ボクシングの元WBO&WBC世界ヘビー級王者で、現在ウクライナの首都キエフの市長を務めるビタリ・クリチコ氏。ロシアのウクライナ侵攻に対応しているが、米放送局「CNN」に対して悲壮な覚悟を明かしている。

元WBO&WBC世界ヘビー級王者で、キエフ市長のビタリ・クリチコ氏(撮影は2021年)【写真:Getty Images】
元WBO&WBC世界ヘビー級王者で、キエフ市長のビタリ・クリチコ氏(撮影は2021年)【写真:Getty Images】

ウクライナの首都・キエフ市長を務めるクリチコ氏

 ボクシングの元WBO&WBC世界ヘビー級王者で、現在ウクライナの首都キエフの市長を務めるビタリ・クリチコ氏。ロシアのウクライナ侵攻に対応しているが、米放送局「CNN」に対して悲壮な覚悟を明かしている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 ボクシング界で殿堂入りを果たしている英雄クリチコ氏は2014年からウクライナの首都・キエフの市長に就任。出演した「CNN」の番組内で、ロシア軍の侵攻を受けている首都の現状を発信した。ロシアの侵攻が長く続き、多くの市民が防空壕に避難している状況を伝え、武器を手に取ったキエフ市民については称賛を送っている。

「これ以上ないほどの愛国者たちだ。我々の軍隊を誇りに思う。ウクライナ軍は世界屈指の強さを誇る。兵士たちは英雄だ。素晴らしい活躍を続けている。現時点で数万の市民が都市の防衛に従事している。人々は武器を手に、自分たちの家、家族、未来と国を守ろうとしている。私は本当に誇りに思う」

 そして「ロシア軍がどれぐらい強いのか、などどうでもいい。我々は準備ができている。そして、母国と家族のために死ぬ準備もできている」と覚悟を示したクリチコ氏。ロシアのウラジミール・プーチン大統領へのメッセージを求められると「民主的で近代的なヨーロッパの国というのが我々の未来」などと終始毅然とした態度を見せていた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集