[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 西野朗は日本を甦らせるのか 「ワクワクはない」も「理解できる決断」と海外分析

西野朗は日本を甦らせるのか 「ワクワクはない」も「理解できる決断」と海外分析

ワールドカップ(W杯)ロシア大会まで2か月のタイミングで監督交代に踏み切ったサッカー日本代表。バヒド・ハリルホジッチ監督の後を受け、就任したのは西野朗氏だ。アトランタ五輪で「マイアミの奇跡」を演じ、Jリーグ歴代1位の通算270勝のキャリアを誇るが、日本を立て直し、W杯で躍進に導くことができるのか。海外メディアは異例の交代劇を特集を組んで注目している。

日本代表の西野朗新監督【写真:Getty Images】
日本代表の西野朗新監督【写真:Getty Images】

「マイアミの奇跡」を起こした手腕で立て直しに注目「全てがうまくかみ合えば…」

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会まで2か月のタイミングで監督交代に踏み切ったサッカー日本代表。バヒド・ハリルホジッチ監督の後を受け、就任したのは西野朗氏だ。アトランタ五輪で「マイアミの奇跡」を演じ、Jリーグ歴代1位の通算270勝のキャリアを誇るが、日本を立て直し、W杯で躍進に導くことができるのか。海外メディアは異例の交代劇を特集を組んで注目している。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

「アキラ・ニシノはW杯でインパクトを与えるために日本を時間内で軌道修正できるのか?」と特集したのは、米スポーツ専門局「ESPN」だった。

 記事では「W杯2か月前に監督交代という衝撃は、日出づる国のフットボールファンの記憶に長く留まることになるだろう」と日本にとって前代未聞の監督交代劇を紹介。その上で、タイミングと人選について疑問を投げかけている。

「W杯までの期間で監督交代の判断がタイミングが遅すぎる一方、63歳のニシノが日本代表を率いること自体も、少し遅すぎたように思える。10年前であれば、彼は圧倒的に計り知れないほどワクワクさせる選択肢だったはずだ」

 西野氏を「マイアミの奇跡の立役者」と評し、96年アトランタ五輪でロナウドらを擁するブラジル代表を破ったことを紹介。JリーグではG大阪を率いてリーグ、ACL制覇などの功績を伝えたが、「しかし、それらの偉業を成し遂げると、彼は極端に保守的な方針へと日を増して傾き始め、それがそれまでの驚きを与える鮮烈さを失わせていった」と神戸、名古屋での苦戦を記している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー