[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • “安打製造機”大谷翔平、内角球を逆方向へ 芸術的ダブルに敵地ファンも拍手

“安打製造機”大谷翔平、内角球を逆方向へ 芸術的ダブルに敵地ファンも拍手

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、敵地ロイヤルズ戦で「7番・DH」でスタメン。2回の第1打席でメジャー初の二塁打を放った。内角の厳しいコースを右手一本で振り抜き、逆方向の左翼線に飛ばすという芸術的なバットコントロールを披露。米スポーツ専門局「FOX Sports West」が動画付きで紹介し、敵地のファンも思わず拍手を送っている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

“課題”の内角攻めもなんの、内角球を左翼線に運ぶ芸術的バットコントロール

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、敵地ロイヤルズ戦で「7番・DH」でスタメン。2回の第1打席でメジャー初の二塁打を放った。内角の厳しいコースを右手一本で振り抜き、逆方向の左翼線に飛ばすという芸術的なバットコントロールを披露。米スポーツ専門局「FOX Sports West」が動画付きで紹介し、敵地のファンも思わず拍手を送っている。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 大谷は長距離砲であり、安打製造機でもあるのか。芸術的な一打が生まれたのは、2回の第1打席だった。

 1死走者なしの場面。カウント2-2から右腕ハメルは92マイル(約148キロ)の速球を内角に投げ込んだ。見送ればボールかという懐の厳しいコース。ただ、追い込まれた状況では手を出さざるを得ない。しかし、大谷のバットコントロールが上を行った。

 差し込まれながらも持ち前のパワーではじき返した打球は逆方向の左翼線へ。大谷は快足を飛ばし、悠々と二塁に到達してみせた。メジャー初のダブル(二塁打)。思わず敵地のファンからも拍手が降り注いだ。

「FOX Sports West」公式ツイッターは「メジャーリーグ初二塁打#ShoTime」と題し、一連の模様を動画付きで公開。映像を観ると、大谷は器用に両腕を折りたたんでボールにコンタクトし、最後は右手一本で振り抜いている。内角を逆方向へ華麗にさばく打法といえば、イチローが思い浮かぶが、大谷もまさに安打製造機のそれだった。

 大谷は日本ハム時代に厳しい内角攻めを受ける機会が少なく、メジャーでは内角が課題の一つとされてきた。しかし、そんなことをお構いなしに打ってしまっているから、さすがというしかない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー