[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

福士加代子、引退セレモニーで福士節全開スピーチ「ちっこい胸ですけど、痛んでました」

大阪ハーフマラソンが30日、大阪・ヤンマースタジアム長居発着の21.0975キロで開催された。大阪国際女子マラソンと同時スタートとなり、引退レースの39歳・福士加代子(ワコール)は1時間16分4秒の30位で完走。数々の名シーンを残してきたランナーがラストランを終えた。

大阪ハーフマラソン、笑顔でゴールした福士加代子【写真:西村尚己/アフロスポーツ】
大阪ハーフマラソン、笑顔でゴールした福士加代子【写真:西村尚己/アフロスポーツ】

大阪ハーフマラソン、福士加代子が現役最終レース

 大阪ハーフマラソンが30日、大阪・ヤンマースタジアム長居発着の21.0975キロで開催された。大阪国際女子マラソンと同時スタートとなり、引退レースの39歳・福士加代子(ワコール)は1時間16分4秒の30位で完走。数々の名シーンを残してきたランナーがラストランを終えた。

【特集】偉業を後押しした心の支え 金メダリストが感謝する応援のチカラ / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 福士は途中で笑みを浮かべながら浪速路を走り抜いた。長居公園に入ると、苦しそうに脇腹を押さえたり、腕を回したりして大きく減速。時折歩くシーンもあった。追い抜く周りのランナーまでもエールを送る。トラックに入ると観客から声援。福士は笑顔で手を振って応えながら駆け抜けた。2006年に当時日本記録の1時間7分26秒をたたき出したハーフ。最後の瞬間まで力を尽くし、ファンに激走を届けた。

 レース後の引退セレモニーで花束を贈られ、過去の名場面を集めたVTRが上映された。スピーチではこう語った。

「はい、なんでしょうね。ワコールに入社して22年間たくさん走ってきました。いろんな国に行って国内でもたくさんの選手とたくさん走ってきました。その度に自分とよく会話をしました。その中で毎日やれるんじゃないかという希望と、もしかしたら走れなくなるのではという不安もあった。ちっこい胸ですけど、痛んでました。

 その中でやめたくなかったかなー! 走るの楽しかったもん!! でも今日は走れなくなったので終わりにします!

 今日の走りも満足してないけど、私なりに精一杯頑張ったけど、よかった。終わるけどドロンとか消えるわけじやわないので、いろんなところでお目にかかると思います。これからも福士加代子の応援をよろしくお願いします!

 荒んだコロナ禍ですけど、今日は他のランナーの方にも希望をもらった。スポーツって希望があるんだなと。少しでも私の走りで皆さんも希望を持ってくれたら。福士加代子ファン最高です! ありがとうございました!

 最後はエアハグをしましょう。ぎゅ~~~!! みなさん辛い時には自分を抱きしめて下さい!」

 その後には増田明美、有森裕子、高橋尚子、野口みずき、千葉真子のマラソンオールスターがサプライズで花束贈呈。福士は「すごい! レジェンド! 写真! 写真!」と感激していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集