[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

完敗2着の世界ランク1位ニックスゴー陣営も勝ち馬に脱帽「あの馬は本当に速いよ」

海外競馬の米G1第6回ペガサスワールドカップ(WC)が29日(日本時間30日)、ガルフストリームパーク競馬場のダート1800メートルで行われ、昨年のブリーダーズCダートマイル覇者ライフイズグッド(牡4、T.プレッチャー厩舎)が完勝。世界ランク1位のブリーダーズCクラシック覇者ニックスゴー(牡6、B.コックス厩舎)は3馬身1/4差の2着に終わった。

ペガサスWCを制したライフイズグッド(中央)と2着のニックスゴー(左)【写真:AP】
ペガサスWCを制したライフイズグッド(中央)と2着のニックスゴー(左)【写真:AP】

ライフイズグッドの逃げに完敗、調教師「今日はうちの馬よりはるかに上」

 海外競馬の米G1第6回ペガサスワールドカップ(WC)が29日(日本時間30日)、ガルフストリームパーク競馬場のダート1800メートルで行われ、昨年のブリーダーズCダートマイル覇者ライフイズグッド(牡4、T.プレッチャー厩舎)が完勝。世界ランク1位のブリーダーズCクラシック覇者ニックスゴー(牡6、B.コックス厩舎)は3馬身1/4差の2着に終わった。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 脱帽するしかなかった。好位を追走したニックスゴー。2番手で直線に向いたが、ライフイズグッドとの差はなかなか縮まらない。3馬身1/4差の2着。FHA(国際競馬統括機関連盟)が発表した「2021ロンジンワールドベストレースホースランキング」で1位にランクされている現役最強馬にとっては完敗だった。

 米メディア「AP通信」によると、管理するB.コックス調教師は「あの馬は本当に速いよ。今日はうちの馬よりもはるかに上だった」と脱帽。愛馬については「我々は2着だ。トッド・プレッチャー、おめでとう。彼は歴代ベストの一人だ。彼に次ぐ2着だったことは決して恥ずかしいことではない」と今春で種牡馬入りが決まっており、ラストランとなる可能性もある愛馬を労った。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集