[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 池江璃花子、驚異の日本新4連発に海外驚愕「もう一つ歴史的なパフォーマンス加えた」

池江璃花子、驚異の日本新4連発に海外驚愕「もう一つ歴史的なパフォーマンス加えた」

競泳の日本選手権女子100メートルバタフライで日本新記録を叩き出し、3連覇を達成した池江璃花子(ルネサンス亀戸)。8月のパンパシ水泳(東京)とアジア大会(インドネシア・ジャカルタ)の代表に内定しているが、7日の100メートル自由形準決勝でも53秒46で泳ぎ、自身が持つ日本記録を更新した。今大会で4つ目の日本記録を叩き出した池江に海外メディアも注目。「歴史的なパフォーマンスを加えた」と称賛している。

池江璃花子【写真:Getty Images】
池江璃花子【写真:Getty Images】

17歳池江は7日の100メートル自由形準決勝で今大会4つ目の日本新マーク

 競泳の日本選手権女子100メートルバタフライで日本新記録を叩き出し、3連覇を達成した池江璃花子(ルネサンス亀戸)。8月のパンパシ水泳(東京)とアジア大会(インドネシア・ジャカルタ)の代表に内定しているが、7日の100メートル自由形準決勝でも53秒46で泳ぎ、自身が持つ日本記録を更新した。今大会で4つ目の日本記録を叩き出した池江に海外メディアも注目。「歴史的なパフォーマンスを加えた」と称賛している。

【特集】「走り」で人は変われる 子どもが運動会でヒーロー・ヒロインになる方法 / 陸上 伊藤友広さん、秋本真吾さん(GROWINGへ)

 女子100メートルバタフライでは2日連続で日本新記録を更新。6日には50メートル自由形でも日本記録を更新し2冠を達成。そして100メートル自由形と、今大会で4度日本レコードを叩き出す驚異の17歳を、米水泳専門メディア「スイムスワム」は「2018日本水泳選手権:池江璃花子が100メートル自由形で53.46の日本新」と見出しを付けて報じている。

「ここ東京ですでに輝かしい大会を送っている17歳のリカコ・イケエが、2018年日本水泳選手権のコレクションにまたもう一つ歴史的なパフォーマンスを加えた」

 こう伝え、驚異の記録ラッシュを称賛している。8日には同種目の決勝と、50メートルバタフライに出場。さらなる記録更新へも期待がかかる。

 また2020年の東京五輪を前に今年のパンパシ水泳で、海外の強豪を相手にどんな泳ぎを見せてくれるのか。日本のみならず世界も注目している。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー