[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、韓国紙が衝撃の3戦連発を続々報道「漫画のような挑戦」「人間なのか」

大谷翔平、韓国紙が衝撃の3戦連発を続々報道「漫画のような挑戦」「人間なのか」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は6日(日本時間7日)の本拠地アスレチックス戦で3試合連続ホームランを放った。日本のファンを喜ばせ、全米に衝撃を与えているが、お隣、韓国メディアも「“Sho Time”が続いている」と続々報道している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

1勝&3連発の大谷に韓国メディアも注目「Sho Timeが続いている」

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は6日(日本時間7日)の本拠地アスレチックス戦で3試合連続ホームランを放った。日本のファンを喜ばせ、全米に衝撃を与えているが、お隣、韓国メディアも「“Sho Time”が続いている」と続々報道している。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 本拠地デビュー戦だった3日(日本時間4日)のインディアンス戦で放った記念すべき初ホームランから3試合連続での豪快なアーチ。特に6日に放った一発は飛距離137メートルの特大弾でもあった。

 投げても1日の初登板で6回3安打3失点で初勝利。直球の最速は100マイル(160キロ)を計測し、落差の大きいスプリットでも面白いように凡打の山を築いた。

 投げては1勝。打撃では5試合で3本塁打7打点、打率.389と、投打にわたり一級品であることを証明している“二刀流の怪物”に対し、韓国紙「朝鮮日報」は「“97-97クラブ”の大谷、MLBを圧倒する素晴らしい先発」と見出しをつけて報じている。

 “97-97クラブ”とは直球の球速と打球の速度が共に97マイル(156キロ)を上回ることだとし、異色の存在だと強調。そして記事では「“Sho TIME”が続いている」と続けている。

 鮮烈なデビューを飾ったが、同紙は「もちろんまだシーズン序盤だ。MLB球団の分析が執拗になるだろう」と今後のマークが厳しくなることを予測している。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー