[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦の「あまりに困難」な4A挑戦 欧州メディアも注目「リスクは究極的に高い」

フィギュアスケートの羽生結弦(ANA)による4回転アクセル挑戦が欧州でも注目を浴びている。昨年12月の全日本選手権で優勝し、北京五輪代表に選出。欧州メディアでは五輪の見所として、連覇王者の4A成功の行方に注目している。

羽生結弦【写真:AP】
羽生結弦【写真:AP】

羽生結弦の4回転アクセル挑戦を欧州メディア紹介

 フィギュアスケートの羽生結弦(ANA)による4回転アクセル挑戦が欧州でも注目を浴びている。昨年12月の全日本選手権で優勝し、北京五輪代表に選出。欧州メディアでは五輪の見所として、連覇王者の4A成功の行方に注目している。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

「北京2022の焦点 冬季五輪でユヅル・ハニュウはフィギュアスケート史上初の着氷ができるのか?」の見出しで記事を掲載したのは、欧州衛星放送「ユーロスポーツ」英国版だった。公式戦で誰も成功していない4回転アクセル。特集ではこう説明している。

「それは何なのか? そして、なぜ実現困難なのか? 4回転アクセルは空中で圧巻のスピードで4回転半し、なおかつ完璧な着氷をこの27歳に求める。あまりに困難で、ハニュウがこれを成功させる夢を実現できれば、いかなるライバルをも寄せつけないスコアになるだろう。見返りは大きいが、リスクは究極的に高い」

 さらに「一般的なフィギュアファンにとって、ハニュウはくまのプーさんのぬいぐるみで最も知られているかもしれない」と注目した。演技後恒例のプーさんのシャワーについて「A・A・ミルンの生み出したキャラクターは常に彼のキャリアとともにあった。IOC(国際オリンピック委員会)の規則により、北京では羽生の“コーナー”にいることが許されなくても、どこかでお披露目となることは確実だ」とつづっている。

 五輪連覇を果たした羽生を「ヒストリーメイカー」と紹介。94年ぶりの男子フィギュア3連覇の偉業とともに、4回転アクセルへの挑戦も北京五輪の大きなテーマとして海外から脚光を浴びている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集