[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

帝京大日本一、涙の主将にうるっと来た岩出監督「学生たちの精一杯の姿素晴らしかった」

全国大学ラグビー選手権決勝が9日、東京・国立競技場で行われ、帝京大が27-14で明大を下した。5トライを奪い、前人未到の9連覇を果たした2017年度以来、4大会ぶり10度目の復活優勝。1年時に連覇が途絶え、優勝の味を知らない今の4年生は最後の年に栄冠を手にした。チームをまとめた細木康太郎主将(4年)はインタビューで号泣し、名将・岩出雅之監督に「うるっと来た」と涙を誘った。

4大会ぶりの優勝を決め、集合写真を撮る帝京大の選手たち【写真:中戸川知世】
4大会ぶりの優勝を決め、集合写真を撮る帝京大の選手たち【写真:中戸川知世】

明大を27-14で下し、9連覇以来の大学選手権V

 全国大学ラグビー選手権決勝が9日、東京・国立競技場で行われ、帝京大が27-14で明大を下した。5トライを奪い、前人未到の9連覇を果たした2017年度以来、4大会ぶり10度目の復活優勝。1年時に連覇が途絶え、優勝の味を知らない今の4年生は最後の年に栄冠を手にした。チームをまとめた細木康太郎主将(4年)はインタビューで号泣し、名将・岩出雅之監督に「うるっと来た」と涙を誘った。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 国立競技場に歓喜がこだました。場内インタビューに立った細木主将は「凄い嬉しいのと、これまでたくさんの応援、サポートしてくれた人に本当に感謝したいです」と涙ながらに第一声。「僕たちラグビー部に対して、帝京大学の学長をはじめ、教員の皆様、監督やコーチ、家族、これまで応援してくれたファンのみんなだったり、一緒に戦ってきた部員のみんながいたから、ここまで嬉しいんだろうと思います」と明かした。

 鍵と話していたスクラムで押し勝ち、明大を圧倒。「僕たちがプライドを持っているスクラムで試合を通して圧倒できたのは、これからの僕の人生においても、そしてチームの未来にもつながると思う」と話し、ターンオーバーを何度もした防御については「苦しい時でもスタンドにいる仲間を見て、グラウンドで一緒に戦っている仲間の顔を見て、必死に一生懸命頑張りました」と語った。

 細木主将に続いてインタビューに立ったのは岩出監督。「細木主将の挨拶を聞いて、こっちがちょっとうるっときますね」と涙を誘われ、「とても嬉しいです」と表情を崩した。「この1年間、またこの優勝できなかった期間の多くの選手たち、スタッフ、応援してくださかった方の多くの想いを思うと、しっかり力を出し切ってくれという想いだけだった。本当によく頑張りました」と選手を労った。

 試合については「準決勝でタックルの甘いところが出た。やっぱりラグビーはタックルだ、今日はタックルでいこう、そういう日にしようと話して、そのまま選手が体現してくれて素晴らしく感じた」と岩出監督。効率的に得点したアタックについても「何も僕が評価するものじゃなく、学生たちの精一杯の姿が素晴らしかった」と終始選手たちを褒めた。

 その中心にいたのが細木主将。1年間を振り返った指揮官も「細木主将に尽きると思う。本人も成長しながらしっかりと周りを逞しくしてくれた」と回顧。9連覇との比較を問われ、「連覇には連覇の良かった思いがたくさんあるけど、今年のチームは一度負けたところから上がっていった分、よりタフになった分、学生の魅力が高まった1年じゃないかと思うし、こういう結果を与えてもらってみんなで喜びたい」と感慨に浸った。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集