[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「帝京大さんが強かった」 完敗だった明大は涙なき準V「新しい明治の色見せられた」

全国大学ラグビー選手権決勝が9日、東京・国立競技場で行われ、帝京大が27-14で明大を下した。5トライを奪い、前人未到の9連覇を果たした2017年度以来、4大会ぶり10度目の復活優勝。明大は3大会ぶり14度目の日本一を逃し、OBで就任1年目の神鳥裕之監督とSH飯沼蓮主将が会見に出席した。

明大の飯沼蓮主将【写真:中戸川知世】
明大の飯沼蓮主将【写真:中戸川知世】

全国大学ラグビー選手権決勝

 全国大学ラグビー選手権決勝が9日、東京・国立競技場で行われ、帝京大が27-14で明大を下した。5トライを奪い、前人未到の9連覇を果たした2017年度以来、4大会ぶり10度目の復活優勝。明大は3大会ぶり14度目の日本一を逃し、OBで就任1年目の神鳥裕之監督とSH飯沼蓮主将が会見に出席した。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 明大は帝京大の分厚いスクラムを押し切ることはできなかった。セットプレーの精度を欠き、好機を生かせず。後半に反撃したが、計5トライを奪われて失点を重ねた。神鳥監督は「完敗だった。潔く認めることも大事。ただ、4年生を中心に本当によくやってくれた。僕は誇りに思います」と胸を張った。

 飯沼は「やり切ったけど、帝京大さんが強かった。完敗だけどやり切った」と涙はなし。「例年に比べて能力が低かったけど、シンプルなことにフォーカスして新しい明治の色を見せられた代。本当に良いチームだった」と仲間に感謝した。勝敗を分けた点について「後半にスクラムで流れを掴まれた。最後に自分たちが流れを掴み切れなかったところ。春から本当にきつい練習をしてきて、それと今のどちらがきついのか。メンバー外もやってくれた。試合中にそういう話をした。みんなに感謝したい」と語った。

 この日のプランについて、指揮官は「明治プライド。この一年掲げたテーマを力にして臨んだ。前半に失点が多かったのが結果的に届かなかった。特に前半最後にインターセプトを取られたのは痛かった」と説明。0-15の前半終了間際、相手WTB白國亮大にハーフウェイラインでインターセプトを許し、50メートルの独走トライを奪われたシーンを悔やんだ。来季へ「このチームを率いさせてもらって感謝を伝えたい。ここまでやってこれた自信を下級生に繋げて良いチームにしたい」と前を向いた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
高木美帆が選んだのは、ワコールのスポーツブラでした
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集