[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「SP大失敗の平昌以来負けてない」 チェン、羽生結弦との五輪対決にもう米放送局注目

フィギュアスケートの北京五輪代表選考を兼ねた全米選手権は8日(日本時間9日)、男子ショートプログラム(SP)が行われ、大会6連覇を目指すネイサン・チェンが115.39点で首位発進となった。米地元テレビ局「ローカル10」では2月に行われる北京五輪で、3連覇を狙う羽生結弦(ANA)とともにチェンを優勝候補の大本命に挙げている。

羽生結弦(左)とネイサン・チェン【写真:AP】
羽生結弦(左)とネイサン・チェン【写真:AP】

北京五輪の一騎打ち予想「チェンとハニュウが本命になる」

 フィギュアスケートの北京五輪代表選考を兼ねた全米選手権は8日(日本時間9日)、男子ショートプログラム(SP)が行われ、大会6連覇を目指すネイサン・チェンが115.39点で首位発進となった。米地元テレビ局「ローカル10」では2月に行われる北京五輪で、3連覇を狙う羽生結弦(ANA)とともにチェンを優勝候補の大本命に挙げている。

【特集】女子卓球界エースに届いた応援の声 身近に感じるスポーツ支援の輪

 歴代大会最高の115.39点を叩き出したチェン。2大会連続の五輪出場に大きく前進したが、記事では平昌五輪後の快進撃に改めて注目した。

「2018年の五輪以降、14大会連続優勝を飾っていたチェンの10月のスケートアメリカでの苦闘は衝撃だった。彼は1週間後のスケートカナダでの優勝ですぐさまトップに返り咲き、土曜日はかつてないほどに優秀だった」

 グランプリ(GP)シリーズのスケートアメリカで3位に終わった以外、平昌五輪後の出場大会で全て1位だったチェン。この日は全てのジャンプを着氷させ、自らの持つ大会記録を更新させたSPは記事でも高く評価されている。

 そして、北京五輪では一騎討ちを予想。「チェンと日本の2大会五輪王者のユヅル・ハニュウが北京大会の本命になる。近代五輪で、3大会連続で優勝した人間は存在しない」と紹介した上で「チェンはショートプログラム(SP)の大失敗で勝機を失った平昌以来、ハニュウに負けていない。ハニュウは全日本選手権で最近優勝したが、SPの得点はチェンの土曜日よりも4点以上低い」と指摘している。

 怪我から復活し、94年ぶりの男子フュギュア3連覇を目指す羽生に対し、平昌後に快進撃を見せていたチェンの対決に、米メディアも注目の度合いを高めている様子だ。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集