[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • チェン、“星条旗on金メダル”ショットにファン感激 「なんてキングなんだ!」

チェン、“星条旗on金メダル”ショットにファン感激 「なんてキングなんだ!」

フィギュアスケートの世界選手権男子シングルで優勝したネイサン・チェン(米国)。V候補だった平昌五輪で5位に終わった雪辱を果たし、見事に表彰台の頂点に立った。圧巻の演技で感動を呼んだ米国の18歳がインスタグラムを更新。金メダルを胸に掲げる姿を公開し、ファンの感動を蘇らせている。

ネイサン・チェン【写真:Getty Images】
ネイサン・チェン【写真:Getty Images】

チェンがインスタグラムで輝く金メダルを公開、ファンの感動を呼ぶ

 フィギュアスケートの世界選手権男子シングルで優勝したネイサン・チェン(米国)。V候補だった平昌五輪で5位に終わった雪辱を果たし、見事に表彰台の頂点に立った。圧巻の演技で感動を呼んだ米国の18歳がインスタグラムを更新。金メダルを胸に掲げる姿を公開し、ファンの感動を蘇らせている。

【特集】“炎の守護神”は今も忘れない 「4年に1度しかない」4回分の記憶 / サッカー 川口能活選手インタビュー(GROWINGへ)

 チェンが2週間ぶりに自身のインスタグラムを更新した。星条旗に重ねるように、胸には輝く金メダル。そして実に穏やかな表情で、さらなる高みを見据えるように、目線は上を向いている。

 チェン自身の安堵そして歓喜が伝わってくる1枚。「2018年シーズンがついに終わる。これまでの、良かった経験も悪かった経験とファンのサポートに感謝しています。皆にありがとう」。こうつづり、激動のシーズンを振り返ると同時にファンへの感謝を伝えている。

 まさに激動だった2017-18シーズン。スケートアメリカ、グランプリファイナルを制すなど敵なしの快進撃を続けた。しかし本命として迎えた平昌五輪。ショートプログラムで全てのジャンプに失敗し17位と大出遅れ。フリーで巻き返すも、5位に終わった。それでも世界選手権では、羽生結弦に次ぐ世界歴代2位の得点をたたき出す会心の演技で金メダル。プライドを取り戻し、シーズンを終えた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー