[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カシメロ、井上尚弥戦を寝転がり観戦&生配信! 海外記者「今まで見たことない」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級(53.5キロ以下)タイトルマッチ12回戦が14日、東京・両国国技館で行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のWBA10位&IBF5位アラン・ディパエン(タイ)に8回2分34秒TKO勝ちした。2年1か月ぶりの国内凱旋試合で日本人の現役世界王者最多となるWBA6度目(正規王者時代も含む)、IBF4度目の防衛成功。4団体統一へ向け、一歩前進したが、WBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)は井上戦を観戦する様子をライブ配信していた。

2年1か月ぶりの国内凱旋試合で8回TKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】
2年1か月ぶりの国内凱旋試合で8回TKO勝ちした井上尚弥【写真:荒川祐史】

ウイルス性胃腸炎で試合中止になっていたWBO王者が驚きの行動

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級(53.5キロ以下)タイトルマッチ12回戦が14日、東京・両国国技館で行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のWBA10位&IBF5位アラン・ディパエン(タイ)に8回2分34秒TKO勝ちした。2年1か月ぶりの国内凱旋試合で日本人の現役世界王者最多となるWBA6度目(正規王者時代も含む)、IBF4度目の防衛成功。4団体統一へ向け、一歩前進したが、WBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)は井上戦を観戦する様子をライブ配信していた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 英ラジオ局「トークスポーツ」のマイケル・ベンソン記者は自身のツイッターに2枚の写真をアップ。ベッドに横になってカメラに目線を向けるカシメロと、井上―ディパエン戦が映された端末だ。投稿では「ナオヤ・イノウエがアラン・ディパエンを8回に倒し、WBA&IBFのバンタム級ベルトを防衛した」とレポートした上で「イノウエのライバルWBO王者ジョンリエル・カシメロがPPVを自身のYouTubeチャンネルでストリーム。今まで見たことない」と伝えた。

 カシメロは11日(日本時間12日)に予定していた防衛戦の前日計量を直前でキャンセル。減量苦もあり、ウイルス性胃腸炎で入院したと海外メディアに報じられ、試合中止となった。

 WBOはカシメロ陣営に対し、正式な診断書と医療記録を期日まで提出するよう要求。医学的な証明ができなかった場合は、カシメロから王座を剥奪するとしていた。カシメロと対戦予定だった同級1位ポール・バトラー(英国)は急きょ、同級8位ジョセフ・アグベコ(ガーナ)と暫定王座決定戦を行うとされたが、この試合も中止に。王座の行方は不透明な状況だ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集