[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥のメンタルを崩しかけたディパエンは称賛「パンチがある。我慢できなかった」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級(53.5キロ以下)タイトルマッチ12回戦が14日、東京・両国国技館で行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のWBA10位&IBF5位アラン・ディパエン(タイ)に8回2分34秒TKO勝ちした。敗れたディパエンは「イノウエ選手は僕のアイドル」「(最後は)我慢できなかった」と井上を称えた。

アラン・ディパエンは試合後会見で井上尚弥を称賛した【写真:荒川祐史】
アラン・ディパエンは試合後会見で井上尚弥を称賛した【写真:荒川祐史】

WBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチ

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級(53.5キロ以下)タイトルマッチ12回戦が14日、東京・両国国技館で行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)が挑戦者のWBA10位&IBF5位アラン・ディパエン(タイ)に8回2分34秒TKO勝ちした。敗れたディパエンは「イノウエ選手は僕のアイドル」「(最後は)我慢できなかった」と井上を称えた。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 タフさは見せた。ディパエンは序盤から顔を赤くし、幾度となく強打を食らいながらも、7回には「打ってこい!」のポーズを見せるなど打たれ強さをアピール。しかし、8回に左ショートを浴びて遂にダウン。立ち上がったが、一方的な展開でレフェリーストップとなった。

 リングインタビューで、井上が「ディパエン選手は本当に凄くタフで、根性も感じた」「やっている最中に『これ、効いてるのかな?』というくらい表情も出さない」「やっているこっちがメンタルやられそうで『あれ、俺パンチないのかな?』と感じてしまうくらいタフでした」などと自虐交じりに振り返るほどの戦いを見せたディパエン。

 会見では「(井上は)スピードは速いし、テクニックもある」「おめでとうございます。イノウエ選手は僕のアイドル。バンタム級のベルトを全部取ってほしい。応援しています」と井上を称えた。

“密林のプレデター”の異名を持つ30歳。前日計量後の会見では「俺は密林のプレデターではなく、モンスターハンターだ!」と高らかに宣戦布告していた。実際に井上と対戦して「ボディーもうまいし、パンチもある。(最後は)我慢できなかった」とお手上げだった。

 倒れなかったのは「タイ人のため」と愛国心ものぞかせたディパエン。スピード勝負に持ち込む予定だったが、井上のスピードを見て及ばないと判断。ディフェンシブに戦った。「パンチを受けて、ヤバいなと思った」と驚いた。

 それでもタフさはボクシングファンに強く印象付けた。「最後まで頑張った。まだまだ諦めないで頑張る」と前を見据えた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集