[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥の来春統一戦「選択肢は2つ」 ドネアかWBOか、大橋会長「優先順位はない」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級(53.5キロ以下)タイトルマッチ12回戦が14日、東京・両国国技館で行われる。13日は神奈川・横浜市内のホテルで前日計量が行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)がリミットの53.5キロ、挑戦者のWBA10位&IBF5位アラン・ディパエン(タイ)が53.3キロでクリアした。井上陣営の大橋秀行会長も取材対応。来春に見据える統一戦に向けて見通しを明かした。

13日の会見に臨んだ井上尚弥【写真:浜田洋平】
13日の会見に臨んだ井上尚弥【写真:浜田洋平】

14日防衛戦前に大橋会長が統一戦の見通し言及

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級(53.5キロ以下)タイトルマッチ12回戦が14日、東京・両国国技館で行われる。13日は神奈川・横浜市内のホテルで前日計量が行われ、統一王者・井上尚弥(大橋)がリミットの53.5キロ、挑戦者のWBA10位&IBF5位アラン・ディパエン(タイ)が53.3キロでクリアした。井上陣営の大橋秀行会長も取材対応。来春に見据える統一戦に向けて見通しを明かした。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 バンタム級王座を巡っては、11日(日本時間12日)にWBC王者ノニト・ドネアが暫定王者レイマート・ガバリョ(ともにフィリピン)を4回KOで下し、団体内王座統一に成功した。一方、WBOでは王者カシメロが、同日に予定していた防衛戦の前日計量を直前でキャンセル。減量苦もあり、ウイルス性胃腸炎で入院したと海外メディアに報じられ、試合中止となった。

 WBOはカシメロ陣営に対し、正式な診断書と医療記録を期日まで提出するよう要求。医学的な証明ができなかった場合は、カシメロから王座を剥奪するとしている。井上は14日に勝利を収めることが大前提だが、統一戦の相手は誰になるのか。大橋会長は「カシメロはどうなるかわからない」と医学的証明ができるか否か不透明であることを強調した上で「選択肢は2つ。優先順位はない」と、WBCとWBOの王座どちらも視野に入れていることを明かした。

 WBO王座剥奪となれば、カシメロと対戦予定だったWBO1位ポール・バトラー(英国)らによる王座決定戦となるが、バトラーは減量を終えて体に負担を抱えたため、すぐに試合はできない。空位のWBO王座は年明けか来春以降に争われる見通しとなり、井上対WBO王者はさらに先になる。しかし、大橋会長は「カシメロも挑発してくるし、(対戦すれば)面白い」とニヤリ。VSカシメロの可能性に含みを持たせ、王座剥奪なら井上―ドネア戦の可能性が高まるかという問いには「そうですね。剥奪されるのが普通だと思います」とした。

 井上は会見で「先日ドネアがいい勝ち方をしたし、来春に向けてのモチベーションにもなる」と刺激を受けた様子。カシメロについては「まだ正確な情報がはっきりと出ていない。コメントする必要はないかなと思いますし、しっかりした情報が出てから」と話すにとどめた。

 挑戦者のディパエンは12日に隔離期間が明けたばかり。初めて姿を見た大橋会長は「体はいいね。いい練習をしている。パンチがありそう。それがボクサーに一番怖い武器だから。波乱も起きるかもしれない」と警戒した。井上については「今回の練習も仕上がっている。今回がドネア戦だったらよかったのに」とポロリ。「ドネアって言っちゃったね」と冗談めかして笑っていた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集