[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹、パターに刻んだ3mmの打球痕 長すぎる練習は海外コース係員を苦笑いさせた【THE ANSWER Best of 2021】

17年絶頂期にも関わらず改善を決断、ウッズのような「異次元の領域」を目指した

 16-17年シーズンは米ツアー年間3勝。世界ランクは日本男子最高の2位にも入り、海外勢のトップ選手から「メジャーでいつ勝ってもおかしくない」と実力を認められていた。それでも届かなかったメジャー制覇。「マスターズの重圧で思うように打つには、今までのスイングじゃダメだと思う」。日本人歴代最高と言われても、それをさらに突き抜ける実力が必要だと痛感していた。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 目指したのは次元の違う領域。調子が悪くても、ミスが起きてもメジャーで優勝争いをする。幼い頃に憧れたタイガー・ウッズがそうだった。マスターズ5勝を含むメジャー15勝のスーパースター。17年秋、松山は絶頂期にいたにも関わらず、ドライバーからパットまで全ての改善を決断した。

 パットの苦戦もあり、翌シーズン以降優勝から遠ざかった。だが、目標はぶれない。世界ランクは一時30位台にも落ちたが、29歳が強さを増して戻ってきた。マスターズ制覇の重圧を背負った運命のバックナイン。池に入れた。2メートル弱のウィニングパットも外した。でも、勝った。世界一にたどり着いたことが、努力の深さを証明している。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集